起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?

Mocosuku(もこすく)
  • 起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?

公開日時
更新日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

「朝、起きるのがつらい」「なかなか起きられない」こういったことはありませんか?
 
ゆっくりと起きられるのならいいですが、そうは言っていられないことも多いでしょう。起きたいのに起きられない原因は、意志が弱い、怠けているせいだけではありません。
 
その原因を知り、すっきり目覚めて気持ちの良い朝を迎えましょう。
 

 

睡眠のリズムと睡眠時間

 
ヒトの睡眠は、脳が休息している深い眠りの「ノンレム睡眠」と、身体が休息している浅い眠りの「レム睡眠」がセットになり、4~5回繰り返しています。
 
この1セットは約90分で、睡眠時間としてはおよそ6~7.5時間になります。なかにはこの時間より短くても大丈夫な方もいますが、健康を保持するためには7~8時間の睡眠時間が必要ともいわれています。
 
そして睡眠の中で最も深い眠りに入るのは、眠りについてから3時間ほどで、その後はだんだんと浅い眠りになっていきます。
 
この深い眠りが妨げられたり、睡眠の時間がとれないことで身体と脳は充分に休めずに、起きるのがつらい、起きられないといったことが起きるのです。
 
また疲れがたまっていたり、睡眠不足が続くと、より睡眠時間が必要になり、朝起きられなくなる原因となります。

 
 

睡眠の質を上げて朝すっきり目覚める

 
「睡眠時間は充分にとっているのに、朝起きられない」このような場合は、もしかしたら「睡眠の質」が影響しているのかもしれません。
 
睡眠の質が下がると、時間としては十分に睡眠をとっていても脳や身体が充分に休めません。
 
では、睡眠の質を下げるものをみていきましょう。
 
 

睡眠時の環境

質の良い睡眠には、自分に適した寝具であることが重要になります。枕の高さが合わない、マットが身体に合わないことは、睡眠の質を低下させます。
 
また寝室の環境(静かさ・明るさ・温度)も睡眠に影響を与えます。とくに明るさ、光は睡眠にとって重要です。
 
夜間に明るい状況で眠ることは、睡眠ホルモンとよばれる「メラトニン」の分泌を抑制するといわれています。
 
 


入眠前の飲酒・食事

お酒を飲むと眠くなり、ぐっすりと眠れた感じがします。
 
ところが、実際にはアルコールを分解する際につくられる「アセトアルデヒド」という物質が、脳を興奮状態にするため睡眠を浅くします。
 
また、入眠前の食事も胃腸の活動が活発になり、睡眠を妨げる原因となります。
 
 

体内時計の乱れ

身体には体内時計があり、体内時計によって眠る時間と起きる時間が決まっていきます。この体内時計の乱れは、夜に寝付けず、朝起きられないことにつながります。
 
休日に夜遅くまで起きて、休みの日は昼まで寝ていることはありませんか?
 
不規則な生活が体内時計の乱れる原因となります。また、短時間の昼寝はいいのですが、長時間昼間に睡眠をとることも体内時計の乱れとなり、夜間の睡眠の妨げになります。
 
 

ストレス・自律神経の乱れ

ストレスがあるときに、寝付けなかったり、夜間に起きてしまう経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 
過剰なストレスや極度の緊張状態は、身体の機能を調整している「自律神経」のバランスを崩してしまいます。本来、眠るときは身体をリラックスさせる「副交感神経」が働くのですが、「自律神経」が乱れることで、身体を活性化させる「自律神経」が働きます。
 
そのため、眠ろうとしても身体が休息モードに入ることができず、眠りが浅いものになってしまうのです。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【睡眠】新着記事

起きたい時間に、自力で目覚めることはできる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「明日は何時に起きよう!」と心に決めると、目覚まし時計をセットしなくてもその時間に目が覚める… そんなことが本当にできたらなんて...

2018/03/14 18:30掲載

休日の寝だめで体内時計が…! 「社会的ジェットラグ」にご用心

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 平日はいつも睡眠不足気味だと感じているあなた。 休日に「寝だめ」をして解消しようと考えることはありませんか? 「社会的ジェットラ...

2018/03/03 18:30掲載

子どもに多いという「夢遊病」 考えられる原因は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に起き上がり何かしらの行動をとって再び眠りにつく「夢遊病」。 夢は見ていないのですが、「夢の中をさまよい歩くような」イメー...

2018/02/18 18:30掲載

健康にも美容にも! 「舌回し体操」のウレシイ効果

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは舌回し(ベロまわし)体操を知っていますか? 舌は食べるときや話すときになくてはならない大切な器官です。 また...

2018/02/03 18:30掲載

「夢」は未来をお見通し?「夢診断」は本当に当たるの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 夢とは、「睡眠中に現実の経験のように感じる、一連の観念や心象」と定義されています(※)。 古今東西、人は夢を見る経験を興味深く不...

2018/01/10 18:30掲載

これでぐっすり。 布団をかける順番で、暖かさが変わるかも

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ いよいよ本格的に寒くなってきましたね。 寝るときは、布団にタオルケット、毛布もプラスして…と、暖かく眠れるように寝具...

2017/12/23 18:30掲載