「長期入院したら痩せる」というのは本当?どうして?

Mocosuku(もこすく)
  • 「長期入院したら痩せる」というのは本当?どうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「長期入院したら痩せる」というのは本当?どうして?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
入院をしていると、「体力が落ちた」「痩せてしまった」ということが多くあります。

 
しかし、どうして長期入院をすることで痩せてしまうのでしょうか?
 
詳しくみていきましょう。
 

 

安静にしていると痩せる?

 
入院による体重減少の理由は、次のものが考えられます。
 
1.病気や手術・治療にともなう食事制限・食欲不振などによって栄養摂取量が減少するため
2.入院生活による活動性の低下から、「廃用性筋萎縮(はいようせいきんいしゅく)」などが進行しているため

 
 

食べなければ体重が減ってしまう、というのは、理解しやすいですね。病院では、食欲自体が落ちてしまうのはよくあることです。
 
では、活動量が減ることで起こる「廃用性筋委縮」とはどのような状態なのでしょうか。
 
廃用性筋萎縮とは、使われない筋肉が萎縮、つまり減ってしまうことをいいます。病状にもよりますが、入院中は治療による活動の制限があり、安静にするよう指示されることが多いです。また、ベッド上で過ごす時間も多く、活動量も普段の生活と比較して大幅に減ります。
 
その結果、筋肉が使われないことで筋肉量が減ってしまい、体重が減ってしまうのです。よくダイエットでも、摂取カロリーを減らし身体を動かさなければ、筋力から落ちて体重が減っていきますね。
 
それでは、筋肉を使わないでいると、どうして筋肉は減っていくのでしょうか?
 
 

使わない筋肉はどうして減っていく?

 
筋肉には内臓などの臓器にある「平滑筋(へいかつきん)」と、身体を動かす「骨格筋(こっかくきん)」の2種類があります。一般的にいう筋肉は、身体の姿勢を保持して身体を動かす「骨格筋」を指します。
 
この骨格筋は人の身体の中でも最も大きい組織で、構成している成分はタンパク質です。骨格筋量は見た目では大きな変化はみられません。ただ、細胞レベルにおける骨格筋のタンパク質の量は、1日の中で変化しているのです。

 
1日24時間の中で、タンパク質をつくる「合成」とタンパク質を壊す「分解」が常に行われています。分解を合成が上回れば筋肉量は増え、合成を分解が上回れば、筋肉量は減っていきます。
 
そして、筋肉を作る合成の刺激になるのが食事(タンパク質の摂取)と運動です。つまり、筋肉を動かさないでいることで、筋肉が合成されず分解が進むので筋肉の量が減っていってしまうのです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスが多い社会環境や生活リズムの乱れによって、日本人の5人に1人は睡眠に悩みをもっていると言われます。 また、日本人は睡眠への満足度...

2018/08/05 18:30掲載

夏休みを前にまだまだ続く猛暑… 脱水症、熱中症には引き続き警戒を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年は「命に危険を及ぼすほどの猛暑」が日本全国で続いています。 気象庁も異例の会見を開いて災害レベルという認識を示し、熱中症に厳重な警戒...

2018/08/03 18:30掲載

これでもう安心? 臭いが気になるニンニクやニラなどの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康や美容に良いとされるニンニク、ネギ、ニラ、キムチなどの食材。 でも、食べたくても営業でお客さんに会う予定やデートを控えているときなど...

2018/07/27 18:30掲載

自分の乳房はどのタイプ? “がん”が発見されにくい「高濃度乳房」

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人女性の11人に1人が一生のうちに患う可能性があると言われる「乳がん」。 乳がんで亡くなる女性の数は増加の一途をたどっていま...

2018/07/24 18:30掲載

「甘くておいしいロカボスイーツ」 甘いのに糖質は低い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年注目を浴びている「ロカボ」。 とりわけ「ロカボスイーツ」は、ダイエットでタブー視されるス...

2018/07/22 18:30掲載