金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

Mocosuku(もこすく)
  • 金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

クレプトマニア(窃盗症) は「窃盗症」ですが、物やお金が欲しくて盗み、癖となる「盗癖」とは違います。盗むこと自体が目的となってしまうプロセス依存症です。
 
女性に多く、人間関係などの葛藤やストレスが発症の契機となるので、条件からすると主婦は要注意です。繰り返しているうちに見つかって警察に逮捕され、犯罪者として裁かれることもあります。
 
自らが不幸な境遇で育ったことが、 クレプトマニアになる要因として挙げられていますが、逆にその本人が家族に不幸をもたらす加害者にもなってしまうのです。本人の治療はもとより家族へのケアも大切なこととなります。
 
今回はこのクレプトマニアについて、詳しく見ていこうと思います。
 

 

クレプトマニアとは?

 
クレプトマニアは窃盗症と訳されます。米国精神医学会が発行する『DSM-5:精神疾患の分類と診断の手引き』では、次の4つの症状が挙げられています。
 

A.個人的に用いるためでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される
B.窃盗に及ぶ直前の緊張の高まり
C.窃盗に及ぶ時の快感、満足、または解放感
D.その盗みは、怒りまたは報復を表現するためのものではなく、妄想または幻覚への反応でもない

 
このように、個人的に使ったり本人にとって金銭価値があるわけではないのに、盗む衝動が抑えられず、繰り返してしまうのがクレプトマニアなのです。プロセス依存症の一つです。
 
 

症状がある人はどれくらいいる?

 
日本ではまとまった統計はないものの、万引き者の5%以下とされ、女性の方が多く、青年期後半からの発症が多いとみなされています。
 
万引き常習者の中の病的レベルの人と言えます。条件からすると主婦はリスクが高いですね。
 
アルコール依存など物質使用障害、ギャンブル依存症、双極性障害、不安障害、強迫性障害、過食症などとの合併を持つ場合も多いとされています。
 
 

「物を盗んでいる時だけ、生きている実感がもてた」

 
これは、あるクレプトマニアの心境です。
 
最初はスリルを求めて手を染めた万引きも、繰り返すにつれ行為がエスカレートし、ついには盗むこと自体が目的化します。そして、逮捕され収監されて、「これで盗まずに済むと安堵する」ということもしばしばです。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【依存症】新着記事

日本はすでにギャンブル大国? 「ギャンブル依存症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2016年12月15日、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法が衆院本会議で可決されました。いわゆる「カジノ法」です...

2017/02/11 18:30掲載

金銭や物品目的ではない窃盗常習犯 「クレプトマニア」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ クレプトマニア(窃盗症) は「窃盗症」ですが、物やお金が欲しくて盗み、癖となる「盗癖」とは違います。盗むこと自体が目的となってし...

2016/12/29 21:30掲載

今夜もお酒のアナタヘ 「アルコール依存」は注意して

執筆:Mocosuku編集部 近年、依存症として大きな話題にもなった「アルコール依存」。 アルコール依存とは、飲酒したときに感じる昂揚(こうよう)感や幸せな気持ち、精神的苦痛からの解放感が忘れられずに...

2016/11/16 21:30掲載

「占い依存症」 こんな占いからなりやすい

執筆:阿佐木 ユウ(フリーライター) 「結婚する or しない」 「出産する or しない」 「正社員 or 派遣社員」 他にもまだまだ出てくる、女性の人生の選択肢。 さまざまな場面での選択肢が多様化...

2016/10/16 21:30掲載

日本人に意外と多い? セックス依存症

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) セックス依存は1980年代になって一般に知られ始めました。 1998年、ビル・クリントン氏が現職大統領時代に執務室で不倫行為をしていたこと、2009年、プロ...

2016/09/28 21:30掲載

5つ以上あてはまるとアブナイ?「買い物依存症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 欲しいものを手に入れて使うために行う買い物。 しかし「買い物依存症」は使わないのに買い物をします。買い物自体が目的だからです。クスリ系の物質依存と違って、買...

2016/09/23 21:30掲載