ツイている人・ツイていない人、あなたはどちら?

Mocosuku(もこすく)
  • ツイている人・ツイていない人、あなたはどちら?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ツイている人・ツイていない人、あなたはどちら?

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

広辞苑によると、「ツイている」とは「運がよい、ラッキー」の意味で、「付く」というコトバに由来するそうです。
 
そして、「付く」には「憑く=とりつく」「感染する」など悪い意味もありますが、「気が付く」のように、「何か良いものが自分のところにやって来る」というニュアンスが込められています。
 
今回はこの「ツイている、ツイていない」を考えてみようと思います。
 

 

思わぬプレゼント:幸運の3つの要因

 
予期していなかったのに誰かから贈り物やお金をもらったとき、現金な私たちは、背後に悪意の動機がないことがわかると、ほとんど例外なく「ラッキー!」と感じることでしょう。たとえば、宝くじに当たるなどは象徴的な経験かもしれませんね。
 
端的にいって「ラッキー!」には3つの要素があるでしょう。「利益=得をした」と「偶然」と「少数」の3つです。
 
第1の「利益」については必ずしも金銭的なものばかりとはかぎりません。たとえば「治らないといわれた病気が治った」などがあげられます。利益といっても「主観的利益観」とでもいった方が適切なのかもしれません。反対に、損失(感)なら「不運=アンラッキー」です。
 
第2の「偶然」は意外性です。計画を立て目標達成をして、時間と労力をかけて努力をした結果として利益が出たのなら、「当然」のことなのであって「ラッキー!」とは感じないでしょう。
 
想定外で、予測できなかった何かが、結果としての利益に影響を及ぼしていることを感じているのです。まさに「運が自分に味方をしてくれた」わけです。
 
第3の「少数」も「幸運」には欠かせない要素でしょう。
 
大多数の人が恩恵を得たのなら、「よかったね」とは感じるかもしれませんが、「ラッキー!」と感じるでしょうか。たとえば、政府の税金の特別還付を「ツキが来た!」と喜ぶ人はどれくらいいるでしょう。ほっと胸をなでおろすのが大多数なのではないでしょうか。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

怖いと聞くと余計に見たい…『怖いもの見たさ』に潜む人間の心理が面白い!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「見ない方がいい」「見てはいけない」と思えば思うほど見たくなる、ダメと言われるとかえってやりたくなる…そんな“あまのじゃく”な気...

2018/11/23 18:30掲載

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

スポーツ選手によく聞く「イップス」はどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ イップス(yips)はもともとゴルフ用語から派生しています。 ゴルフのパットなどで精神を集中しなければならない時に、緊張から震えが起こる...

2018/07/03 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

理由はないけど、なんとなく憂うつ… この気分はどう晴らす?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「憂うつ」は、気持ちが落ち込んで晴れ晴れとしない状態を表わします。 「メランコリー」とか「ブルー」などと表現する人もいますね。 ...

2018/06/03 18:30掲載

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載