「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

Mocosuku(もこすく)
  • 「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。
 
このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか、また、どうすれば羨望や嫉妬に縛られずに済むのか、そんなことを考えるヒントをご提供したいと思います。
 

 

羨望と嫉妬:その意味

 
羨望とは、「自らがもたない優れた特質、業績、財産などを他者がもっている時に起こる、それらへの渇望」と定義されています。

 

つまり、他の人が良いものをもっていることが羨ましい、自分も欲しいと思う感情が羨望です。加えて、少々深読みをすれば、そんな良いものを他人は持っているのに自分は持っていないという、「自分自身を低く評価する」ことも、他人への羨望の裏側にはあるでしょう。
 
これに対して「嫉妬」は、人間関係において生じる感情です。
 
たとえば、自分の愛する人が、自分ではなくて誰かほかの人を愛している場合、自分の愛する人が愛している人を「ねたむ」というのが、典型的な嫉妬です。羨望と嫉妬とはこのように同じものではありません。
 
でも、羨望が嫉妬に変わっていくことはあるでしょう。羨ましいがねたましいに変わっていくと、その対象を破壊してしまいたいなどといった衝動に駆られることもあるでしょう。

 
 

どうして「隣の芝生が青くみえる」?

 
何かや誰かを羨ましいと羨望するとき、そこには、現実に優れた属性(能力・業績・容姿・財産など)がある場合と、次に述べるような思い入れが絡む場合とがあります。
 

苦労が見えていない

野球のイチロー選手を羨ましく思う心理には、イチロー選手が現実にどれだけ苦労を積み重ねているかを知らなくて、いわゆる結果のいいとこ取りをしていることもあるでしょう。
 

遠くから眺めている

たとえば、富士山は遠くから眺めると綺麗ですが、近くに行くとゴミの山など、世界遺産登録抹消の危機もささやかれているそうです。

 
このように、現実にはさまざまな良い点と悪い点があっても、遠くから眺めているとよい面しか見えず、羨望の的になることがあります。
 

自分に自信がない

相手をうらやむ気持ちの背後には、自分への自信のなさが潜んでいると先述しました。
 
謙譲を美徳とする私たちの思考は、悪くすると、相手がよくて自分はダメといった、羨望という色眼鏡ではじめからものを見る危険もあります。
 
ですから、最初はすごくできる人に見えたのに、しばらくつき合ってみると、つまらない人だとわかったなどといった、ゆがんだ人物評価をしてしまうことも、時折、起きる話ではないでしょうか。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

自分の皮膚をむしり取る? ココロの病気「皮膚むしり症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ カサブタが気になって剥がしてしまう… 吹き出物ができて、つい潰してしまった… このような行為に至るのことはどなたも経験をお持ちで...

2018/04/12 18:30掲載

自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 他人は何とも思っていないのに、自分の外見や容貌に極度にとらわれてしまうのが醜形恐怖症です。 見た目のささいな欠点に思い悩み、精神...

2018/04/09 18:30掲載

人間の三大欲求? 食欲・性欲・睡眠欲について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「食欲」「性欲」「睡眠欲」は人間の三大欲求と言われます。 「三大」かどうかは別として、現代の日常生活では、健康な生活を営むにあた...

2018/03/25 18:30掲載

家ではよくしゃべるのに… 特定の場面でだけ話せなくなる「場面緘黙」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 家庭では元気におしゃべりをしているのに、たとえば学校や職場などの公共の場において、特定の場面でだけ話せなくなるのが「場面緘黙(ば...

2018/03/11 18:30掲載

「片づけられない症候群」とは違う…「溜め込み症候群」とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 家の中やベランダ、庭や道路にまで、足の踏み場がないほど散らかっている、いわゆる汚部屋やゴミ屋敷。 テレビでもしばしば取り上げられ...

2018/02/28 18:30掲載