どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

Mocosuku(もこすく)
  • どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

公開日時

  
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」
 
そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないのかもしれません。
 
身体につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、減らしやすさが違うことを知っていますか?
 
そもそも同じ脂肪にどんな違いがあるのでしょうか。ご一緒に見ていきましょう。
 

 

身体に存在する脂肪

 
「脂肪」と聞くと、お肉の脂身部分をイメージするでしょうか。

 
実は脂肪とひとくちに言っても、身体の中にどのような形で存在するかによって名前や役割が異なります。
 
健康診断で指摘されると気になる「中性脂肪」は、食べものを原料に肝臓で合成され、血液中や身体の至るところに「脂肪細胞」として蓄えられます。
 
その貯蓄場所が太ももや二の腕、お腹周りの指でつまめる部分など皮膚の下の場合は「皮下脂肪」、一方、肝臓などの内臓周りに脂肪がついた場合は「内臓脂肪」と呼ばれます。
 
そして、人間が活動するときには、蓄えられていた脂肪が燃やされ、エネルギー源となるのです。
 
 

皮下脂肪の特徴

 
皮下脂肪は一般的に女性に多いといわれています。これは、妊娠・出産をするためのホルモンが影響しているためで、おもにお腹周りやお尻、二の腕、太ももなどにつきやすくなります。
 
皮下脂肪型の肥満は、とくに下半身につきやすいことが特徴で、見た目の様子から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。肥満とはいわないまでも、指でつまめる皮下脂肪を減らしたい、と願う人は少なくないでしょう。
 
ところが、皮下脂肪はとても減らしにくい脂肪です。
 
身体がエネルギーを必要とするとき、まずは血液の中や筋肉に貯蓄されている糖がエネルギーとして使われます。それでも足りなくなったときに体脂肪が分解されます。
 
体脂肪の中でも、まずは内臓脂肪が使われます。その後でやっと皮下脂肪の順番がやってくるので、皮下脂肪は減らしにくいのです。そんな皮下脂肪を減らすためには、ウォーキングやランニングといった脂肪燃焼効果の高い有酸素運動を継続して行う必要があります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ダイエット】新着記事

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 糖質制限ダイエット、キャベツダイエットなど、特定の食材を食べる、または食べない、というダイエ...

2018/04/27 18:30掲載

気になる食材「大豆ミート」とはどんなもの? カラダにいいの?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 大豆を原料とした大豆加工食品「大豆ミート」。 低カロリー、低脂質、高たんぱくに加え、食物繊維...

2018/03/23 18:30掲載

健康や美容にイイ糖質? 「レジスタントスターチ」をご存じですか

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ なにかと注目を集めているロカボ(低糖質)。 糖質制限ダイエットを試された方もいるかもしれませ...

2018/03/19 18:30掲載