女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

Mocosuku(もこすく)
  • 女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

公開日時
更新日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

太っていることは生活習慣病を招き、重大な病気につながることがよく知られています。
 
ところが「太りすぎ」だけでなく「痩せすぎ」もまた、身体にとっては悪影響を与えてしまうのです。
 
痩せすぎはなぜ問題なのか、詳しくみていきましょう。
 

 

どこからが痩せすぎになるの?

 
痩せすぎといっても、体重ではいくつから痩せすぎになるのでしょうか?その基準となるものが「BMI(Body Mass Index)」と呼ばれる身長と体重から計算する肥満指数です。
 
<BMI = 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)>
 
このBMIの数値は22が最も病気になりにくい数値で、18.5以上~25未満が普通体重になります。25以上から肥満、そして、18.5未満が低体重とされています。つまり、BMI18.5未満となる場合は痩せすぎといえます。
 
 

日本人女性は痩せすぎ?

 
健康にとっては理想的なBMIは、22です。
 
しかし、美容からみた体重の場合、この数字ではやや「ぽっちゃり」とした体型にみられることがあります。
 
若い女性にとって、痩せていることが理想的な体型という傾向にあるようです。平成27年の国民栄養調査では、日本人女性全体の11.1%、20~29歳の女性の22.3%がBMI18.5未満という結果でした。
 
この結果は、前年度よりも痩せている人が増えている傾向にあることを示しています。なんと若い女性の5人に1人は痩せすぎているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【ダイエット】新着記事

太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

執筆:井上 愛子(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病をひきおこす原因として注目されている肥満。 健康やスタイル維持のためにダイエットに励む人も多いことでしょう。 「太らないように...

2017/01/29 21:30掲載

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

2017/01/26 18:30掲載

「カラ~イ食べ物」はダイエットに向いている?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士・健康運動指導士・フードスペシャリスト) 医療監修:株式会社とらうべ 辛い食べ物は「代謝を促進してダイエット効果がある」というイメージを持っている方も多いのではないでしょう...

2017/01/20 18:30掲載

「脂肪吸引」は安全なの?リスクはある?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 脂肪吸引は、ストイックな食事制限やハードな運動をしなくても、希望の箇所をサイズダウンできるという、美容外科手術の中...

2017/01/19 18:30掲載

女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 太っていることは生活習慣病を招き、重大な病気につながることがよく知られています。 ところが「太りすぎ」だけでなく「痩せすぎ」もまた、身体...

2017/01/10 18:30掲載

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

2017/01/07 21:30掲載