女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

Mocosuku(もこすく)
  • 女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

女性はもっと太るべき? 「痩せすぎ」が招くリスク

公開日時
更新日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

太っていることは生活習慣病を招き、重大な病気につながることがよく知られています。
 
ところが「太りすぎ」だけでなく「痩せすぎ」もまた、身体にとっては悪影響を与えてしまうのです。
 
痩せすぎはなぜ問題なのか、詳しくみていきましょう。
 

 

どこからが痩せすぎになるの?

 
痩せすぎといっても、体重ではいくつから痩せすぎになるのでしょうか?その基準となるものが「BMI(Body Mass Index)」と呼ばれる身長と体重から計算する肥満指数です。
 
<BMI = 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)>
 
このBMIの数値は22が最も病気になりにくい数値で、18.5以上~25未満が普通体重になります。25以上から肥満、そして、18.5未満が低体重とされています。つまり、BMI18.5未満となる場合は痩せすぎといえます。
 
 

日本人女性は痩せすぎ?

 
健康にとっては理想的なBMIは、22です。
 
しかし、美容からみた体重の場合、この数字ではやや「ぽっちゃり」とした体型にみられることがあります。
 
若い女性にとって、痩せていることが理想的な体型という傾向にあるようです。平成27年の国民栄養調査では、日本人女性全体の11.1%、20~29歳の女性の22.3%がBMI18.5未満という結果でした。
 
この結果は、前年度よりも痩せている人が増えている傾向にあることを示しています。なんと若い女性の5人に1人は痩せすぎているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【ダイエット】新着記事

羨ましい… 食べても太りにくい「痩せ体質」 デメリットは?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 世の中には、かなり食べているはずなのに、大して太らない人が存在します。 「食べても太らない、...

2017/09/13 18:30掲載

低脂肪、低カロリー、糖質ゼロ。ダイエットで優先すべきはどれ?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 健康志向や痩せ志向が広まり、スーパーやコンビニでも低脂肪や低カロリー、糖質ゼロなど、ダイエッ...

2017/09/09 18:30掲載

頑張っているのに… 「ダイエットの停滞期」をどう乗り越える?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエット中、同じ方法を続けているにも関わらず、ある一定のところで体重が下げ止まる…。 そんな経験がある人もいるのではないでしょ...

2017/08/22 18:30掲載

良いコトも悪いコトも。 「週末断食」は正しい知識と方法で

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 美容や健康を目的に「週末断食」を行う人が女性を中心に増えています。 一般的な「断食」はつらく厳しいイメージがありますね。 それでは週末断食と...

2017/08/11 18:30掲載

油断してたらお腹がポッコリ! 「贅肉」はお腹からつくの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「最近、おなかまわりだけ贅肉がついてきた」という方はいませんか? 「贅肉」とは、一般的に余剰な皮下脂肪組織を指します。 それではこの贅肉...

2017/08/08 18:30掲載

「水着の似合うスタイルに」で始めた急激なダイエット。すると…

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 初夏から夏にかけては水着を着る前にダイエットをしたいと思う女性が増える一方、秋になると夏場の無理なダイエットが原因だと思われる体調不良を訴える患者さんもいます。 今...

2017/07/31 18:30掲載