身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

Mocosuku(もこすく)
  • 身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

激しい運動をして、とても疲れているはずなのに。なぜか全然寝つけない…。
 

こんな経験はありませんか?
 
実は、身体が疲れていても脳が覚醒状態にあると、スムーズに入眠できないことがあります。
 
どうしてこのようなことが起きるのか、対策とともにご紹介いたします。

 

 

入眠のしくみ

 
まずは入眠のしくみについてご説明していきます。入眠に関係しているのが、身体が持つ「恒常性維持機構」と「体内時計(概日リズム)」という2つのしくみです。
 

恒常性維持機構

私たちの脳は、起きている間に睡眠物質を分泌し、これが蓄積して睡眠中枢などと反応することで、睡眠が引き起こされています。

 
これは、身体の状態を調節する「ホメオスタシス(恒常性)」によるものです。専門的にはこのようなしくみのことを「恒常性維持機構」と呼んでいます。
 
 

体内時計(概日リズム)

私たちの体内時計に重要な役割を果たしているのが、催眠作用を持つ「メラトニン」というホルモンです。メラトニンは、暗くなるのに従って分泌量が増え、身体を睡眠モードへ導きます。
 
反対に、明るくなるとメラトニンの分泌量は減り、脳を覚醒させる「セロトニン」が分泌されます。
 
私たちの体内リズムは、このような脳やホルモンの働きによって、作られているのです。
 
脳や身体のしくみによってコントロールされている私たちの睡眠。ところが何らかの影響によってこれらの働きが妨げられると、うまく眠りにつけなくなることがあります。
 
その原因を探ってみましょう。
 

寝つけない原因はあの生活習慣!?

 
うまく入眠できないことに大きく関係しているのが生活習慣です。あなたは、こんな生活を送っていませんか?
 

就寝前にもカフェインの入ったコーヒーやお茶を飲んでいる

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインには、睡眠物質と睡眠中枢の反応を妨げる作用があります。また、カフェインは脳を覚醒させる作用も持っています。
 
ですから、就寝前にカフェインを摂取することは、寝つきを悪くする原因になります。
 
個人差はありますが、カフェインの効果は、若い人で1~2時間程度、高齢者では4~5時間程度持続するといわれています。ですから、夕方以降にカフェインを摂っている人は、摂取する時間帯を見直すようにしましょう。
 
また、カフェインレスのコーヒーにしたり、ノンカフェインのお茶などを選ぶのも方法のひとつでしょう。

 
 

就寝前に激しい運動をしている

「運動すると、身体が疲れて眠れるはず」と思って、夜にジョギングなどをしている人はいませんか?実は、寝る前の激しい運動は、交感神経(活動時に働く自律神経)を優位にさせ、寝つけない原因となってしまうのです。
 
就寝前に運動する場合は、激しい運動は控え、軽いストレッチやマッサージなどをして、身体をリラックスさせるように心がけましょう。またジョギングなどの激しい運動をしたい場合には、就寝の3時間前には終わらせるようにします。
 
 

熱めのお風呂に入るのが好きだ

体内時計に関連した反応の中でも代表的な生体反応が、深部体温(脳や内臓などの体温)の変化です。深部体温は、睡眠中にかけて降下し、起床~夕方にかけて上昇していきます。
 
そのため、就寝前に体温が下がりやすいようにすることも寝つきをよくする条件とひとつとなります。
 
就寝前に熱いお風呂に浸かってしまうと、就寝に向けて深部体温を下げることができなくなり、入眠を妨げることになります。これを防ぐためには、就寝の1~2時間前に、ぬるめのお湯(38~40℃)に15分ほど浸かるのがおすすめです。
 
 

眠りにつく直前までスマートフォン(スマホ)を見ている

催眠作用を持つメラトニンは、光に当たることで分泌が抑制されます。そのため、本来分泌量が増加する就寝前の時間帯に、電化製品やスマホなどの強い光を浴びてしまうと、入眠を妨げる原因となります。
 
眠れないからといって、床に就いた後にもスマホをいじり続けている人はいませんか?かえって寝つけない原因になるので、やめましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【睡眠】新着記事

あ、カラダが動かない…。「金縛り」はどうして起こる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 就寝中に、意識があるのに身体を動かせなくなってしまう状態を「金縛り(かなしばり)」と呼びます。 身体が締めつけられるような感覚が...

2017/07/28 18:30掲載

お酒を飲んだらよく眠れない? よく眠れる方法は?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昔から「寝酒」「ナイト・キャップ」などのコトバがあります。 世界中で入眠のためにお酒を飲む風習があるということですね。 近頃では睡眠障害...

2017/07/15 18:30掲載

やすらかな眠りのために、「副交感神経」を詳しく知ろう

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代。 インターネットなどでも、さまざまなリラックス法やストレス発散法が紹介されているのを見かけますね。 このよう...

2017/06/29 18:30掲載

“眠り”の病院? 「睡眠外来」とはなにをするところ?

執筆:藤尾 薫子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 不眠や過眠など、睡眠障害にはさまざまなタイプがありますが、こうした睡眠障害を改善するために、専門医の検査・診療を受けられるのが睡眠外来で...

2017/06/10 18:30掲載

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

2017/05/19 18:30掲載

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

2017/05/13 18:30掲載