身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

Mocosuku(もこすく)
  • 身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

激しい運動をして、とても疲れているはずなのに。なぜか全然寝つけない…。
 

こんな経験はありませんか?
 
実は、身体が疲れていても脳が覚醒状態にあると、スムーズに入眠できないことがあります。
 
どうしてこのようなことが起きるのか、対策とともにご紹介いたします。

 

 

入眠のしくみ

 
まずは入眠のしくみについてご説明していきます。入眠に関係しているのが、身体が持つ「恒常性維持機構」と「体内時計(概日リズム)」という2つのしくみです。
 

恒常性維持機構

私たちの脳は、起きている間に睡眠物質を分泌し、これが蓄積して睡眠中枢などと反応することで、睡眠が引き起こされています。

 
これは、身体の状態を調節する「ホメオスタシス(恒常性)」によるものです。専門的にはこのようなしくみのことを「恒常性維持機構」と呼んでいます。
 
 

体内時計(概日リズム)

私たちの体内時計に重要な役割を果たしているのが、催眠作用を持つ「メラトニン」というホルモンです。メラトニンは、暗くなるのに従って分泌量が増え、身体を睡眠モードへ導きます。
 
反対に、明るくなるとメラトニンの分泌量は減り、脳を覚醒させる「セロトニン」が分泌されます。
 
私たちの体内リズムは、このような脳やホルモンの働きによって、作られているのです。
 
脳や身体のしくみによってコントロールされている私たちの睡眠。ところが何らかの影響によってこれらの働きが妨げられると、うまく眠りにつけなくなることがあります。
 
その原因を探ってみましょう。
 

寝つけない原因はあの生活習慣!?

 
うまく入眠できないことに大きく関係しているのが生活習慣です。あなたは、こんな生活を送っていませんか?
 

就寝前にもカフェインの入ったコーヒーやお茶を飲んでいる

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインには、睡眠物質と睡眠中枢の反応を妨げる作用があります。また、カフェインは脳を覚醒させる作用も持っています。
 
ですから、就寝前にカフェインを摂取することは、寝つきを悪くする原因になります。
 
個人差はありますが、カフェインの効果は、若い人で1~2時間程度、高齢者では4~5時間程度持続するといわれています。ですから、夕方以降にカフェインを摂っている人は、摂取する時間帯を見直すようにしましょう。
 
また、カフェインレスのコーヒーにしたり、ノンカフェインのお茶などを選ぶのも方法のひとつでしょう。

 
 

就寝前に激しい運動をしている

「運動すると、身体が疲れて眠れるはず」と思って、夜にジョギングなどをしている人はいませんか?実は、寝る前の激しい運動は、交感神経(活動時に働く自律神経)を優位にさせ、寝つけない原因となってしまうのです。
 
就寝前に運動する場合は、激しい運動は控え、軽いストレッチやマッサージなどをして、身体をリラックスさせるように心がけましょう。またジョギングなどの激しい運動をしたい場合には、就寝の3時間前には終わらせるようにします。
 
 

熱めのお風呂に入るのが好きだ

体内時計に関連した反応の中でも代表的な生体反応が、深部体温(脳や内臓などの体温)の変化です。深部体温は、睡眠中にかけて降下し、起床~夕方にかけて上昇していきます。
 
そのため、就寝前に体温が下がりやすいようにすることも寝つきをよくする条件とひとつとなります。
 
就寝前に熱いお風呂に浸かってしまうと、就寝に向けて深部体温を下げることができなくなり、入眠を妨げることになります。これを防ぐためには、就寝の1~2時間前に、ぬるめのお湯(38~40℃)に15分ほど浸かるのがおすすめです。
 
 

眠りにつく直前までスマートフォン(スマホ)を見ている

催眠作用を持つメラトニンは、光に当たることで分泌が抑制されます。そのため、本来分泌量が増加する就寝前の時間帯に、電化製品やスマホなどの強い光を浴びてしまうと、入眠を妨げる原因となります。
 
眠れないからといって、床に就いた後にもスマホをいじり続けている人はいませんか?かえって寝つけない原因になるので、やめましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

【睡眠】新着記事

お酒を飲んで寝ると「いびきがウルサイ」のはどうして?

お酒を飲んで寝ると「いびきがウルサイ」のはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 普段はいびきをかかないのに、「お酒を飲んで寝るといびきがうるさい」と指摘されたことはありませんか? 自宅ならばまだしも、電車で居眠りをし...

2017/01/14 18:30掲載

「歯ぎしり」がヒドイ!? 原因はなに?改善法は?

「歯ぎしり」がヒドイ!? 原因はなに?改善法は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 家族や友人に歯ぎしりを指摘され、ショックを受けたことはありませんか? 寝ている間、自分では気がつかないうちにしてしまう歯ぎしりは、原因の...

2017/01/13 18:30掲載

身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

身体はとても疲れているのに、頭が冴えて… 原因と対策は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 激しい運動をして、とても疲れているはずなのに。なぜか全然寝つけない…。 こんな経験はありませんか? 実は、身体が疲れていても脳が...

2017/01/11 21:30掲載

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。 どうして寝相が悪くなる...

2017/01/09 18:30掲載

お正月休みは「体内時計」の乱れに注意!

お正月休みは「体内時計」の乱れに注意!

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 忙しい年の瀬を過ぎると、いよいよお正月休み。 今年は年末から6連休となっている会社も多いようです。日ごろ忙しい人ほどゆっくりと心身を休め...

2016/12/31 18:30掲載

起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?

起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝、起きるのがつらい」「なかなか起きられない」こういったことはありませんか? ゆっくりと起きられるのならいいですが、そうは言っていられ...

2016/12/26 12:00掲載