「脂肪吸引」は安全なの?リスクはある?

Mocosuku(もこすく)
  • 「脂肪吸引」は安全なの?リスクはある?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「脂肪吸引」は安全なの?リスクはある?

公開日時

 
執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

脂肪吸引は、ストイックな食事制限やハードな運動をしなくても、希望の箇所をサイズダウンできるという、美容外科手術の中でもポピュラーな施術です。
 
ダイエットするよりも手軽なイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
 
しかしやはり手術は手術、リスクはともないます。どのようななリスクがあるのか理解した上で、十分に検討したいものですね。
 

 

「脂肪吸引」とは?

 
脂肪吸引法とは、皮膚に数ミリの小さな穴を開け、細い管(カニューレ)を入れて、気になる箇所の皮下脂肪を吸引する治療法です。
 
吸引の補助として、超音波やレーザーを併用する場合もあります。サイズダウンや身体のラインを整えるためにおこなうので、体重減少を目的とした施術ではありません。
 
適応範囲は、皮下脂肪がある箇所になりますから、一般には、頬・フェイスライン(あご)・二の腕・お腹・ウエスト・おしり・太もも・ふくらはぎなどになります。

 
 

脂肪吸引のリスクにはどんなことがある?

 
まず、一般的に手術をおこなう上でのリスクが考えられます。
 
感染症や血栓症などのリスク、また麻酔によるリスクがあげられます。吸引部位や施術範囲などから、局所・静脈・硬膜外・全身麻酔など、どの麻酔方法が適切かを医師が選択します。
 
麻酔方法によってリスクの大小はありますが、アレルギーやショック症状、呼吸停止などを起こすこともあり、場合によっては生命の危機となる場合もあります。
 
次に脂肪吸引法をおこなう上で、特徴的なリスクは以下のものがあります。

 

脂肪塞栓症(しぼうそくせんしょう)

脂肪細胞が血管内に入ってしまい、血流にのって重要な臓器の血管が詰まった場合、生命にかかわることがあります。
 
 

内臓損傷

お腹など、吸引したい脂肪層の下に内臓がある場合、誤って脂肪層より深い層までカニューレが到達したさい、穿孔(せんこう)を起こし、内臓損傷を起こす可能性があります。

 
 
以上のようなリスクは、非常にまれですが、リスクとして知っておくべきものとなります。
 
その他のトラブルとして、皮膚のたるみやデコボコした感じが残る、しびれ、施術部位への体液の貯留、皮膚の壊死(えし)などが起こる場合もあります。
 
また、術後によくみられる経過として、手術後の痛み、手術箇所の内出血や腫れ、むくみ、つっぱり感などありますが、専用の圧迫下着を着用したり、場合により薬を使用したりして対処します。経過をみながら通常は徐々に回復していきます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ダイエット】新着記事

「甘くておいしいロカボスイーツ」 甘いのに糖質は低い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年注目を浴びている「ロカボ」。 とりわけ「ロカボスイーツ」は、ダイエットでタブー視されるス...

2018/07/22 18:30掲載

脂肪なのに活性化すれば痩せ体質に? 魅惑の「ベージュ脂肪細胞」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「脂肪を燃焼させる」といった類のキャッチフレーズをよく見かけませんか? 美容と健康に敏感な方はグッと惹きつけられるかもしれません...

2018/07/06 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 糖質制限ダイエット、キャベツダイエットなど、特定の食材を食べる、または食べない、というダイエ...

2018/04/27 18:30掲載