指をポキポキ、首をゴリゴリ鳴らしても大丈夫?

Mocosuku(もこすく)
  • 指をポキポキ、首をゴリゴリ鳴らしても大丈夫?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

指をポキポキ、首をゴリゴリ鳴らしても大丈夫?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

デスクワークの多いみなさん、「疲れたな」と思った時、首や肩、手の指など身体の関節をポキポキと鳴らすと気持ちいい、スッキリした気分になるという人はいませんか?
 
人によって鳴らすと気持ちいいと思う箇所に違いはあれど、それは思い過ごしかもしれません。
 
一体どういうことなのか、ご一緒に詳しくみていきましょう。
 

 

「関節が鳴る」ってどういうこと?

 
最近、「関節が鳴る」メカニズムが映像として確認されました。
 
カナダのアルバータ大学、グレック・カウチャック博士率いる研究チームが、関節の“ポキポキ”音のもとを解明したと2015年に発表しました。
 
特別な機器を使用して指を引っ張る様子をMRIで撮影した研究を、雑誌『PLOS ONE』で発表したのです。ポキッと鳴った瞬間に関節で起きていることの全てを映像として記録したとのことで、次のことが判明しました。

 
・関節が急激に引っぱられると、滑液(かつえき)という関節のまわりを包んでいる粘り気のある液体の圧力が下がり、ガスの気泡が生じていること
 
・下がった圧力を戻そうとする力が働いたある瞬間に、滑液が一気に隙間へと流れ込みポキッという音が生じて気泡が消えること
 
・上記以外に、音を生じさせうる要素は確認されなかった

 
これまで一番有力となっていたのは、1947年のイギリスの研究チームの説でした。

 
指に力を加えて関節を伸ばしていくと、数ミリ伸びたところで音が鳴ることが、X線画像で確認されたのです。関節が伸ばされたことによって滑液の圧力が下がって気泡が生じ、鳴る音とされ、次回鳴るまで数十分かかると結論づけられていました。
 
今回のグレック・カウチャック博士らの研究では、音の原因が関節内で生じた気泡ということだけでなく、その気泡に滑液が流れ込んで消える時に音が鳴るということまで映像として確認できた、というわけです。

 
 

関節を鳴らすことによる影響

 
明確な答えは出ていないのですが、何度も鳴らすことでダメージが蓄積される可能性は否定できないと考えられます。
 
ポキポキと音が鳴る原因を研究した際に、関節を引っ張る時にかけた力が数キロの重りで、いわば無理矢理関節を伸ばしてはじめて音が鳴るとわかったことからも、ポキポキと鳴るたび余分な圧力が関節にかかっていることは確かなようです。
 
関節のそばには、血管や神経も通っています。
 
とくに首は大事な神経や血管が近くにありますから、余分な圧力が何度もかかることでの影響はないとは言いきれないと考えます。
 
また、同じ理由から靭帯や軟骨に傷がつくことも考えられます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 心臓のあたりがときどき急にズキッと痛む、でも、しばらくすると元に戻る… そんな経験をしたことはありませんか? 左側の胸が痛むという症状、...

2018/10/16 18:30掲載

20~40代が発症のピーク。近年患者数が急増の「潰瘍性大腸炎」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今回お伝えする「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍(かいよう:上皮組織の欠損)ができる炎...

2018/10/12 18:30掲載

メガネ合ってる? 「合わないメガネ」がもたらす身体の不調

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ メガネをかけているあなた。購入するときは、直接眼鏡屋さんに行っていますか? それとも、事前に眼科で検診を受け、医師の処方のもと眼鏡屋さん...

2018/10/07 18:30掲載

「アルコール依存症」の基礎知識。 診断基準と段階的な治療

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「依存」という言葉は“何かに寄りかかる”という意味です。 お互いに依存し合う「もたれあい」は適度であれば美徳と捉えることもでき、協力や協...

2018/10/05 18:30掲載

激しい運動をする女性は「スポーツ貧血」に気をつけて!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「いつまでも若々しくキレイでいたい」 これは女性が永遠に追い求めるテーマかもしれません。 健康と若さの維持のため、欠かせないことと言えば...

2018/09/28 18:30掲載

春だけじゃない! 気がつきにくい「秋の花粉症」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今や国民病とも称される花粉症。 「春先の病気」というイメージが強いかもしれません。 ところが、花粉症は秋にも発症します。 「秋の花粉症」...

2018/09/21 18:30掲載