太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

Mocosuku(もこすく)
  • 太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

公開日時

 
執筆:井上 愛子(助産師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

生活習慣病をひきおこす原因として注目されている肥満。
 
健康やスタイル維持のためにダイエットに励む人も多いことでしょう。
 
「太らないように」と思っていてもうまくいかないということはありませんか?
 
どうして太りやすい体質になってしまうのか、その原因をみていきましょう。
 

 

だから太る5選! 太りにくい体質にするには?

 
そもそも太りやすい体質とはどんな体質なのでしょうか?
 
体質とはもって生まれたもの、遺伝的な要素のことを指します。太ってしまう原因は遺伝的な要素も関係しています。
 
しかし、それ以上に生活習慣によるものが大きいのです。
 
今回は、後天的な生活面から太りやすい原因をみていきます。
 

1.食べているエネルギー(カロリー)の量が多い

摂取するエネルギーが消費するエネルギーを上回ると、脂肪として身体に蓄え、太ってしまいますね。
 
自分はそんなに食べていないと思っても、振り返ってみると思いのほか食べているということもあります。
 
1日あたりの摂取カロリーの目安は以下です。
 
(デスクワーク:活動量が少ない場合)
・20~50代男性 2100~2300Kcal
・20~50代女性 1650~1750Kcal

 
これはあくまでも目安で、活動量や体格によっても個人差があります。
 
3食以外にも、仕事中や休憩中のおやつや飲み物など、エネルギーを摂る機会は意外に多くあります。
 
まずは、ついつい多くとっているエネルギーに気づき、減らせるものをみつけましょう。
 
 

2.食事のバランスが悪い

摂ったエネルギーの多さだけでなく、食べる内容、バランスが大事になります。
 
食事の基本は、3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)とビタミンやミネラルをバランスよく摂ること。
 
極端なダイエットも太る原因になります。
 
このような偏った食事になっていませんか?

 
・手軽にとれるおにぎりや、パンのみなどの炭水化物だけの食事
・ラーメンにライスを付けたりと炭水化物が多い食事
・糖質を制限するために炭水化物を極端に減らした食事、もしくは炭水化物を摂らない
・お肉などのタンパク質だけを中心とした食事
・野菜だけで炭水化物やたんぱく質がない食事

 
食事は、全ての栄養素をとることで、きちんと身体に取り込むことができ、それぞれの栄養素の働きを助けています。
 
バランスの悪い食事になると、栄養を充分に利用できず、筋力の低下や脂肪を蓄えやすい身体につながります。
 
カロリーだけに注目するのでなく、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ダイエット】新着記事

ヘルシー食材として大注目! 「カリフラワー」のおすすめ活用法

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さん「カリフラワー」にどんなイメージをお持ちですか? 食卓にあがる頻度は少なく、ブロッコリ...

2018/11/20 18:30掲載

ダイエットの停滞期脱出、有効なのはズル休み? 「チートデイ」について

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエットにつきものの「停滞期」は、いわば身体のセーフティー機能です。 ダイエットが順調であ...

2018/08/31 18:30掲載

「甘くておいしいロカボスイーツ」 甘いのに糖質は低い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年注目を浴びている「ロカボ」。 とりわけ「ロカボスイーツ」は、ダイエットでタブー視されるス...

2018/07/22 18:30掲載

脂肪なのに活性化すれば痩せ体質に? 魅惑の「ベージュ脂肪細胞」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「脂肪を燃焼させる」といった類のキャッチフレーズをよく見かけませんか? 美容と健康に敏感な方はグッと惹きつけられるかもしれません...

2018/07/06 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載