シャワーは冷水と温水、交互がイイ?「シャワーの健康効果」

Mocosuku(もこすく)
  • シャワーは冷水と温水、交互がイイ?「シャワーの健康効果」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

シャワーは冷水と温水、交互がイイ?「シャワーの健康効果」

公開日時

 
執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

一般的に、「お風呂は身体に良い」といわれていますね。
 
湯船に浸かる全身浴や半身浴が身体に良いということは、よく知られています。
 
一方、シャワーにはどのような健康効果があるのでしょう?
 
ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

シャワーの目的:身体を清潔に保つこと

 
シャワーを浴びる一番の目的は、身体に残った汗やホコリなどを洗い流して、皮膚を清潔に保つことです。
 
私たちの皮膚には、皮脂腺や汗線があり、そこから皮脂や汗が出ることで、肌を守ったり体温を調節しています。
 
ただ、皮脂も汗もそのままにしておくと、垢やホコリなどと混ざって菌が繁殖します。
 
すると、体臭や皮膚疾患の原因になります。
 
ですから、毎日シャワーを浴びたり、お風呂に入ったりして不要な皮脂や汗を洗い流すことは、皮膚を清潔な状態に保つ上でとても重要なのです。
 
「シャワーの目的は、身体を清潔に保つこと」というのは、多くの方にとっては当たり前のことかもしれません。
 
しかし実は、シャワーにはほかにもいろいろな効果が期待できます。次から詳しくご紹介してきます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【健康と病気】新着記事

「便秘とストレス」は大いに関係アリ? 改善方法をご紹介

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスを感じたり、緊張するとお腹が痛くなるというような経験はありませんか? もしかしたら、「ストレスを強く感じると便秘になりが...

2017/05/26 18:30掲載

ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 季節は春から夏へ。 空調も暖房から冷房と切り替わる時期でもありますね。 夏の冷房というと冷え性がよく問題となりますが、手足は冷えていないのに、内臓が...

2017/05/24 18:30掲載

通常のアレルゲンと違う「仮性アレルゲン」をご存じですか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ とろろイモを食べたら口の周りがかゆくなったり、トマトの汁で皮膚が赤くなったり、古くなったサバを食べたらジンマシンが出たなど、まるでアレル...

2017/05/23 18:30掲載

「歯の噛み合わせ」は大事なの? どうして?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 歯並びは見た目にもわかりやすく、気にする人が多い一方で、噛み合わせの良し悪しは自分自身では気づかないこともあり、盲点になりがちです。 しかし噛み合わせの異常は私たちの体に...

2017/05/22 18:30掲載

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

2017/05/20 18:30掲載

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

2017/05/19 18:30掲載