相手の目を見て話すのが怖い? 「正視恐怖」の可能性も

Mocosuku(もこすく)
  • 相手の目を見て話すのが怖い? 「正視恐怖」の可能性も

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

相手の目を見て話すのが怖い? 「正視恐怖」の可能性も

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

正視恐怖は「相手の目を見ることができない」という悩みです。

 
小さい頃から「話すときは相手の目を見なさい」と教わったり、「アイコンタクト」はグローバルなコミュニケーションの基本だとか、わかっているはずなのにできないというのが、この悩みでしょう。
 

不安障害の症状ともいえる「正視恐怖」、あなたは思い当たりますか?
 

 

正視恐怖とは?:対人恐怖のひとつ

 
対人場面で、相手の目を見て話せなかったり、目のやり場に困ってしまうといった状態に陥るのが「正視恐怖」です。
 
本人は「自分の視線を相手が変に思うのではないか」と過度に緊張してしまっている場合も少なくありません。
 
そもそも、相手の目を見るとか、目と目を合わせて交流することは、緊張や勇気をともなう対人行為です。
 
「まなざし」と呼ばれる相手や自分に直接向けられる視線は、私や相手の核心に入っていこうとする営みでもあるからです。
 
ですから、じっと目を見て話していたら、自分に好意があるのではないかと相手から誤解されたり、やくざにまなざしを向けると「ガンをつけた」といちゃもんをつけられたりもします。
 
それでも、自分をわかってもらうため、相手を本当に知りたいからと緊張と勇気を振り絞って、相手にまなざしを届けていくことによって、コミュニケーションや相互理解が起こってくるわけですが、中にはそうした営みに過剰に緊張し、怖くなって、どうしてもできなかったり、あるいは、そんなことをしなければならない対人関係や社会生活に背を向けてしまう人たちもいないではありません。
 

こうした傾向は、従来から「対人恐怖」と呼ばれてきました。
 
正視恐怖は対人恐怖のひとつのパタンとみなすことができるでしょう。
 
また、そうした傾向が重症で、日常生活が成り立たなくなってしまうと、病的な症状として、正視恐怖症と呼べるかもしれません。
 
ただし、今のところ精神医学では正式な用語ではありません。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

スポーツ選手によく聞く「イップス」はどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ イップス(yips)はもともとゴルフ用語から派生しています。 ゴルフのパットなどで精神を集中しなければならない時に、緊張から震えが起こる...

2018/07/03 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

理由はないけど、なんとなく憂うつ… この気分はどう晴らす?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「憂うつ」は、気持ちが落ち込んで晴れ晴れとしない状態を表わします。 「メランコリー」とか「ブルー」などと表現する人もいますね。 ...

2018/06/03 18:30掲載

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

自分の皮膚をむしり取る? ココロの病気「皮膚むしり症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ カサブタが気になって剥がしてしまう… 吹き出物ができて、つい潰してしまった… このような行為に至るのことはどなたも経験をお持ちで...

2018/04/12 18:30掲載

自分は醜いと思い込む… 女性に多い「醜形恐怖症」とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 他人は何とも思っていないのに、自分の外見や容貌に極度にとらわれてしまうのが醜形恐怖症です。 見た目のささいな欠点に思い悩み、精神...

2018/04/09 18:30掲載