5月22日は「たまご料理の日」 管理栄養士のオススメたまごかけごはん

Mocosuku(もこすく)
  • 5月22日は「たまご料理の日」 管理栄養士のオススメたまごかけごはん

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

5月22日は「たまご料理の日」 管理栄養士のオススメたまごかけごはん

公開日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)

 
 
5月22日はたまご料理の日です。
 
たまごは「完全栄養食」のイメージがありますが、一体どういった成分が含まれているのか、あまりご存じないかもしれません。
 
そこで、今回はたまごの栄養成分と、人気のたまご料理である「たまごかけごはん」について解説したいと思います。
 

 

たまごに含まれる栄養成分と期待できる健康効果とは?

 

たんぱく質

 
細胞を作ったり、代謝を助ける酵素の原料になったりするとても大切な栄養素です。

 
私たちの体の60%は水分ですが、次に多い構成成分がたんぱく質でおおよそ20%を占めます。
 
 
・たまごのたんぱく質が優れている理由
 
たんぱく質の元となっているのがアミノ酸です。
 
アミノ酸の内、私たちの体内で作ることができない為必ず食事から摂取しなければならないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
 
必須アミノ酸は9種類ありますが、どれか1つの含有量が低いとその他のアミノ酸も効率よく利用されないという特徴があります。
 
たまごには9つの必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、優秀なアミノ酸源ということができます。
 
 

ビタミンA

 
ビタミンAは粘膜や皮膚を作るのに欠かせない栄養素です。
 
粘膜が弱くなると免疫力が低下し風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
 
ビタミンAをしっかりとることでこれらの予防が期待できます。
 
また皮膚を作る成分として潤いを保つことにも関与しており、美肌効果も期待できます。
 
 

ビタミンD

 
カルシウムの吸収を助ける働きをしています。
 
カルシウムにより形成されている骨や歯を作る際に欠かせないビタミンです。
 
 

ビタミンB2

 
ビタミンB2は炭水化物、脂質、たんぱく質全ての代謝を助ける働きをしています。
 
その為ビタミンB2をしっかりと摂ることで効率よくエネルギーを作ることができ、疲労回復効果が期待できます。
 
また、体内で活性酸素によって酸化してしまった有害物質を分解する働きもあります。
 
酸化してしまった有害物質によって動脈硬化などが引き起こされる為、ビタミンB2には生活習慣病予防が期待できます。
 
 

ビタミンB12

 
たんぱく質の合成の調整をしたり、神経や脳の機能を保ったりする働きがあります。
 
また赤血球の形成のも関与しており、不足すると貧血になることもあります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

青魚に含まれる「EPA」 効果的な摂取で血管と血液を健康に!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「EPA」(エイコサペンタエン酸)は、食品に含まれる健康のために必要な栄養素として知られるよ...

2018/12/09 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

ヘルシー食材として大注目! 「カリフラワー」のおすすめ活用法

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さん「カリフラワー」にどんなイメージをお持ちですか? 食卓にあがる頻度は少なく、ブロッコリ...

2018/11/20 18:30掲載

今日から実践! 健康のためのヨーグルト活用法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「近ごろ便秘気味…」そんなとき思い浮かぶ代表的な食品のひとつが、ヨーグルト。 健康志向と手ごろなお値段から、冷蔵庫に常備されている方も多...

2018/11/13 18:30掲載

「いま無性にコレが食べたい!」は、身体からのSOS?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ お腹が空いたから何か食べたい、ではなく「肉が食べたい!」「チョコレート!」など特定の食品を無...

2018/10/19 18:30掲載

「無糖の炭酸水」は水の代用品としてOK? カラダへの悪影響は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 炭酸水市場は、この10年で生産量7倍以上と急成長を遂げています。 日本ではかつて、お酒の割り...

2018/10/10 18:30掲載