笑うことで健康に! 「笑い」が生み出す健康効果

Mocosuku(もこすく)
  • 笑うことで健康に! 「笑い」が生み出す健康効果

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

笑うことで健康に! 「笑い」が生み出す健康効果

公開日時

 

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
  
「笑う門には福来る」のたとえのように、笑うことの健康効果が注目されています。
 
具体的に、笑うことでどのような健康効果が期待できるのでしょうか。
 
一緒に考えてみたいと思います。
 

 

笑いが希求されている!?

 
笑うことは、楽しさ、うれしさ、おかしさなどを表現する感情表出行動です。
 
心理学的には「快感情」の一つで、怒りやつらさのような「不快感情」とは区別されます。
 
また、自分自身が不安定なとき笑いは起こりません。「笑っている場合じゃないでしょう!」と怒りさえこみあげます。
 
笑う主体が安定しているときに「笑い」は起こる(河合隼雄)とされています。
 
現代社会は不安定で不確定な時代といえるでしょう。「お笑い」が流行るのは、安定への憧れと不安定に耐えていく頑健さが、いつの時代にも増して希求されているからでしょうか。
 
 

笑いがもたらす9つのメリット

 
さて、笑いが健康にもたらす効用をあげてみましょう。
 
意外にも、多くの効果が指摘されています。
 
 

免疫力アップ

 
外部から侵入する病原体を攻撃する生体防御機能の「免疫」。これにかかわる免疫細胞のうち、病原体を直接破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞と、抗体を作り出す働きをするB細胞とのはたらきを、活性化させる作用が笑いにあることがわかりました。

 
 

判断力や記憶力の活性化

 
笑うことで脳への血流が増加し、海馬や側頭葉といった記憶や判断力にかかわる器官が活性化されます。同時に、脳の状態をリラックスさせるアルファ波も増加させ、相乗効果で脳の機能が高まることが指摘されています。
 
 

幸福感や意欲の向上

 
脳内麻薬ともいわれる「エンドルフィン」や「ドーパミン」。これらは脳内ホルモンとして興奮を助長し、幸福感や意欲性を高めます。
 
笑いはこれらの神経伝達物質の分泌を促進する作用があります。
 
 

ストレスの軽減

 
笑うことで、「セロトニン」や「ドーパミン」の分泌が促進されます。セロトニンは心のリラックスに欠かせないホルモンで、セロトニンが減少しているとうつ病などになることがわかっています。
 
また、ドーパミンには上に挙げた意欲の向上作用だけでなく、ストレスホルモンの分泌を抑制する働きもあります。
 
 

アレルギーの改善

 
アレルギーは体内の免疫細胞が自分自身を攻撃してしまう現象です。中でも免疫グロブリンIgEと呼ばれる抗体が原因で起こるアレルギーに対して、笑いはこのIgE抗体を減少させる作用のあるといわれています。
 
たとえば、アトピーなどはこの例ですが、笑いによってアトピーをはじめアレルギーが改善される場合があるということです。
 
 

糖尿病・リューマチ・心臓病の予防

 
漫才を見て爆笑した後に食後血糖値を測定すると、その上昇を抑えることができたという知見があるそうです。また、間接リューマチを悪化させる「IL-6」も、大笑いした患者さんが短期間で値を下げることができたとか。
 
さらに、心臓病についても心拍数や血圧の上昇を抑えることが笑いには可能です。このように、病気の予防にとって笑いが果たしてくれる役割がいくつか認められています。
 
 

血行の促進

 
適度な運動や入浴などと同じように、笑うことで横隔膜が刺激され、腹式呼吸となって血管を広げ、副交感神経を刺激します。その結果、血行が良くなります。
 
 

筋力を高める

 
顔もお腹も身体も、笑うことで筋肉を動かすことにより、筋力を高め、あるいはしっかりと筋肉を引き締めてくれます。とくに顔の場合、しわやたるみの予防にもなるといわれています。
 
 

ダイエット効果

 
笑うことで消費するカロリー(10分間)は、軽い笑いの場合10キロカロリー程度、思い切り笑ったら30~40キロカロリーにもなるといわれます。
 
ウォーキングの場合27キロカロリーほどなので、笑うことの消費カロリーはバカになりません。また、上に挙げたような筋力アップの結果、基礎代謝がアップすることも笑いの効用かもしれません。
 
笑いにはダイエットに資する一面もあるというわけです。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

スポーツ選手によく聞く「イップス」はどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ イップス(yips)はもともとゴルフ用語から派生しています。 ゴルフのパットなどで精神を集中しなければならない時に、緊張から震えが起こる...

2018/07/03 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

理由はないけど、なんとなく憂うつ… この気分はどう晴らす?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「憂うつ」は、気持ちが落ち込んで晴れ晴れとしない状態を表わします。 「メランコリー」とか「ブルー」などと表現する人もいますね。 ...

2018/06/03 18:30掲載

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

自分の皮膚をむしり取る? ココロの病気「皮膚むしり症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ カサブタが気になって剥がしてしまう… 吹き出物ができて、つい潰してしまった… このような行為に至るのことはどなたも経験をお持ちで...

2018/04/12 18:30掲載