スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

Mocosuku(もこすく)
  • スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか?
 
お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。
 
とはいえ、お肌の「断食」に関しては賛否両論。
 
そのメリットとデメリットを洗い出して考えてみましょう。
 

 

お肌の「断食」とは

 
一定の期間、食事を摂らないことを意味する「断食」。
 
「断食」の定義は多様で、古くは宗教的な意味合いから、食べ過ぎが多い現代においては胃腸を休ませるダイエット法の一つとしても注目を集めています。
 
それと同じように、お肌の「断食」も、スキンケアやお化粧を一定期間止めてお肌を休ませることを意味しています。
 
ただし、食事の断食の場合も、まったく何も食べない、ある食べ物を避ける、一日だけ、一週間だけ食べない…など、いろいろなパターンがあります。
 
肌断食も同様で、たとえばメイクは休むけれどスキンケア用品は使う、水洗顔だけで肌には一切何もつけないなど、幅広い方法があります。
 
また、肌断食に興味を持っていても、すっぴんで人前に出られない…という人もいるでしょう。
 
そのため、「プチ断食」や「週末断食」といった短期間の方法も提唱されています。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スキンケア】新着記事

洗いすぎると体臭キツイ!? 臭いを予防するカラダの洗い方

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毎日のように洗浄剤を使い、タオルやスポンジなどでゴシゴシ身体を洗っていませんか? 清潔そのものに思えるその習慣…実は逆に皮膚の悪玉菌を増...

2019/01/06 18:30掲載

スキンケアをしないという選択。 お肌の「断食」はアリ?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肌断食」という言葉を聞いたことがありますか? お肌によいのであれば一度試してみたい…と思われる方もいるのではないでしょうか。 ...

2018/12/25 18:30掲載

「えーっ、またココに!?」 どうしてニキビは同じ場所にできるの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの人が抱える肌トラブルの一つ… それはニキビ。 とくに鼻や口周りにポツンとできると目立ちますよね。 そして、そんな場所に限っ...

2018/06/29 18:30掲載

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載

生き物ではない、「タコ」と「魚の目」 という皮膚病について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「タコ」と「魚の目(うおのめ)」。 ここでいうこれら、魚のことではありません…皮膚病の俗称です。 通常、タコは手足など身体のあちこちに、...

2018/03/24 18:30掲載

爪のデコボコは何かのサイン? 爪からわかる健康状態

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自分の爪をまじまじと観察したことはありますか? 爪は健康のバロメーターともいわれます。 爪のさまざまな状態が、身体の不調や何らかの病気の...

2018/02/27 18:30掲載