デスクワーカーは要注意! アクティブ・カウチポテトの深刻な健康リスク

Mocosuku(もこすく)
  • デスクワーカーは要注意! アクティブ・カウチポテトの深刻な健康リスク

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

デスクワーカーは要注意! アクティブ・カウチポテトの深刻な健康リスク

公開日時

 
執筆:磯野 梨江(管理栄養士)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
運動不足はカラダによくない…これは誰しも十分わかっていること。
 
昨今、長時間のデスクワーク、つまり「座りすぎ」がもたらす運動不足について、世界的に問題視されています。
 
アクティブ・カウチポテトとも称されるこのトレンド。
 
座りっぱなしの生活は、私たちの身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
 

 

運動不足と健康増進

 
身体活動量の多い人や運動をよくする人は、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)、高血圧や糖尿病、肥満、骨粗しょう症、結腸がんなどにかかりにくく死亡率も低いことがわかっています。
 
また、運動はストレスを解消して活動的な気分を引き起こし、睡眠やうつ病の改善効果も実証されています。
 
運動にはいくつかの種類があります。
 
筋肉に負荷をかけるような無酸素運動(筋トレなど)は筋力を高めてくれます。
 
そして、代謝を促して肌や髪を若々しく保つ、脂肪を分解する、身体の機能低下を抑える、といった働きを持つ「成長ホルモン」の分泌を促すこともわかっています。
 
一方、ウォーキングや軽いジョギング、自転車こぎなどの有酸素運動では、神経伝達物質「セロトニン」が多く分泌されます。
 
頭がスッキリして問題を解く能力や運動能力が増すだけではなく、気持ちを安定させる作用もあります。
 
有酸素運動には、全身持久力を高めるほか、内臓脂肪の減少、高血糖・脂質異常・高血圧の改善、ストレス解消といった効果も認められています。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【寿命】新着記事

デスクワーカーは要注意! アクティブ・カウチポテトの深刻な健康リスク

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 運動不足はカラダによくない…これは誰しも十分わかっていること。 昨今、長時間のデスクワーク、つまり「座りすぎ」がもたらす運動不足について、世...

2019/04/16 18:30掲載

若返りホルモン? 「DHEA」について詳しく知りたい!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 以前より頭の回転が鈍くなった、最近疲れやすい…という人は「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」というホルモンが減ってきているのかも...

2019/01/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

30代からは「筋肉の質」 今日からロコモ対策はじめませんか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在日本は、誰も経験したことがない超高齢社会に突入しています。 誰だって年はとるものです。 ほとんどの人は最期まで健...

2018/02/08 18:30掲載

「延命治療」とはどういう治療? 現代の終末期医療について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「延命治療」という言葉を耳にしたことがあると思います。 実際には、どのような治療のことを指すのでしょう? また、延命治療は誰の意思で、い...

2017/11/27 18:30掲載

「健康寿命」を延ばす秘訣は「和食」にあり?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 世界の中で長寿国である日本。 その背景には「和食」という文化を含む、日々の食生活が大きく関わっています。 和食はなぜ健康寿命に影響するのでし...

2017/07/26 18:30掲載