産婦人科

Mocosuku(もこすく)
  • 産婦人科

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

産婦人科について知っておきたいこと

日本では 産婦人科医 の数が減少する傾向にあります。ある調査では、1984年から2004年までの20年間で、産婦人科医 は15%以上も減っているというデータがあります。その傾向は今でも続いているといわれています。

都市部と地方での 産婦人科医 の数

産婦人科医 というと、主に出産を扱う産科医と、女性特有の病気(子宮筋腫や子宮内膜症など)を扱う婦人科医に分かれます。もともとはどちらも担当するのが一般的でしたし、現在でも「産婦人科」という看板を掲げているところではそうなのですが、「婦人科」のみをあつかうクリニックなども増えているのが実情です。 この背景には色々ありますが、最も大きな原因として考えられているのが、産科は直接命に関わることが多く、訴訟が起こりやすい分野であるという点です。日本ではここ数年、高齢出産や不妊治療による妊娠・出産の件数が増加しており、いわゆる「難しいお産」が増えているのです。 地方と都市部を比べると、全国的にみれば地方に行くほどこの傾向が強くなります。都市部には大病院が多いため、医師の数自体が地方と比べると圧倒的に多く、住民一人当たりの医師の数には大きな差があります。しかし都市部でさえも「産科医が足りない」という地域はありますし、地方でも産科医の数にはかたよりがある地域もあるようです。

【産婦人科】

早ければ20代で更年期に? 「プレ更年期」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ みなさんは「プレ更年期」というコトバを聞いたことはありますか? 「前の、以前の」という意味を持つ「プレ」というコトバ...

2017/06/14 18:30掲載

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...