産婦人科

Mocosuku(もこすく)
  • 産婦人科

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

産婦人科について知っておきたいこと

日本では 産婦人科医 の数が減少する傾向にあります。ある調査では、1984年から2004年までの20年間で、産婦人科医 は15%以上も減っているというデータがあります。その傾向は今でも続いているといわれています。

都市部と地方での 産婦人科医 の数

産婦人科医 というと、主に出産を扱う産科医と、女性特有の病気(子宮筋腫や子宮内膜症など)を扱う婦人科医に分かれます。もともとはどちらも担当するのが一般的でしたし、現在でも「産婦人科」という看板を掲げているところではそうなのですが、「婦人科」のみをあつかうクリニックなども増えているのが実情です。 この背景には色々ありますが、最も大きな原因として考えられているのが、産科は直接命に関わることが多く、訴訟が起こりやすい分野であるという点です。日本ではここ数年、高齢出産や不妊治療による妊娠・出産の件数が増加しており、いわゆる「難しいお産」が増えているのです。 地方と都市部を比べると、全国的にみれば地方に行くほどこの傾向が強くなります。都市部には大病院が多いため、医師の数自体が地方と比べると圧倒的に多く、住民一人当たりの医師の数には大きな差があります。しかし都市部でさえも「産科医が足りない」という地域はありますし、地方でも産科医の数にはかたよりがある地域もあるようです。

【産婦人科】

スポンサーリンク

妊娠と出産

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...