"仕事"だけでは片付けられない「 ママタレ 」の心理学

Mocosuku(もこすく)
  • "仕事"だけでは片付けられない「 ママタレ 」の心理学

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

"仕事"だけでは片付けられない「 ママタレ 」の心理学

公開日時
更新日時

元"モーニング娘。"で「 ママタレ 」の藤本美貴さんがブログで「息子の顔出しをやめる宣言」をして話題になりました。
理由は「これから1人での行動がどんどん増えていく」というものです。
これは子どもの安全を考えればとても理にかなった判断だと言えます。

 
 

子どもの写真をアップする「 ママタレ 」、しない「 ママタレ 」

 

そもそも、有名人の子どもとして「面」が割れることは営利目的だけでなく、愉快犯による誘拐の一因にもなるやや危険な行為のはずです。
誰だかわからない他の子どもよりもさまざまな誘拐の対象になる可能性を高めます。

 
実際、ママタレと言われるみなさんには、辺見えみりさん、梨花さん、小倉優子さん、神田うのさん、スザンヌさん、など子どもの顔の掲載を控える人も少なくありません。

 

その一方で優木まおみさん、木下優樹菜さん、東尾理子さん、クワバタオハラのくわばたりえさん、など子どもの顔写真を頻繁にアップするママタレさんも少なくないようです。
 
 
子どもの顔写真をネット上にさらすママタレの動機として、よく指摘されるのが「仕事につながるから」です。
親子の幸せな雰囲気を醸し出すことで親子出演の仕事が入る可能性が高まりますし、子育て雑誌、ママ雑誌関連のお仕事も入る可能性が上がるでしょう。
 
ブログの場合、そのページ自体が広告媒体ですので、子どもグッズ、子育てグッズ、ファミリーグッズの販売会社さんと提携すれば広告収入も得られます。

 
このように仕事につながることは度々指摘され、その都度さまざまな賛否を巻き起こしています。
ですが、なぜ子どもの顔を出すことが仕事につながるのか…ここはあまり議論されていないように思います。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スマホ】新着記事

首だけど猫背? PC・スマホ利用者は注意したい「首猫背(ストレートネック)」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「猫背」と聞くと、ふつうは丸まった背中を思い浮かべるのではないでしょうか。 猫背というのは、もともとS字状にカーブしている背骨の歪みが強...

2017/12/03 18:30掲載

“スマホ依存”にNO! 上手なスマホとの付き合い方

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 内閣府による調査では、2015年度のスマートフォン(以下、スマホ)の普及率は7割近くにのぼり、フィーチャーフォン(ガラケー)の普及率を上回りました。しかし、...

2016/09/11 18:30掲載

いま!スマホに顔を近づけすぎてませんか?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 便利で暇つぶしに最適と、スマートフォンは今となっては生活費需品ともいえます。 しかし、ス...

2016/04/22 18:30掲載

外国人が「Monster(モンスター)」と呼ぶ、日本人のコノ姿

執筆:Mocosuku編集部 多くの人が行き交う通勤時間帯の駅のホームや階段などで、スマートフォンを使いながら歩く「歩きスマホ 」。 歩きスマホをすることで周辺状況が確認しづらくなり、ホームから転落し...

2016/04/14 18:30掲載

若い女性に多い? スマホ症候群 ・後頭神経痛

執筆者:南部 洋子(看護師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 最近「スマホ症候群」として話題になっている後頭神経痛。 若い女性にこの症状が多くみられ...

2016/03/27 12:30掲載

「スマホ巻き肩」はこのストレッチで防ぐ

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本忍(医学博士) 今や日本人の生活必需品ともいえるスマートフォン。 そんなスマホの使用が原因で、体調が悪化する人が増えているそうです。 なかでも多いのが「スマホ巻...

2016/03/14 18:30掲載