ただの疲労、回復せずに悪化するようなら 横紋筋融解症 かも?

Mocosuku(もこすく)
  • ただの疲労、回復せずに悪化するようなら 横紋筋融解症 かも?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ただの疲労、回復せずに悪化するようなら 横紋筋融解症 かも?

公開日時
更新日時

ただの疲労と侮っていると大変なことになる疾患があります。特に夏場に激しい運動を行った後、強い疲労感や筋肉痛が出ることはめずらしくありませんが、いっこうに回復せず、それどころかますます悪化し、場合によっては命を落とすことさえある……。それは、筋肉が溶ける「 横紋筋融解症 (おうもんきんゆうかいしょう)」です。例えば、マラソンランナーがゴール直前で倒れて死亡し、検査をしてみると 横紋筋融解症 であることが判明する、といったケースがあります。

 

横紋筋融解症 の症状:血尿が出たら要注意

 

横紋筋融解症 は横紋筋※とよばれる筋肉の成分が血中に溶け出て腎臓を詰まらせる疾患です。激しい運動で筋肉が破壊されると、筋肉中で酸素を貯蔵する役割を果たすミオグロビンが血中に溶け出ます。ここでいう激しい運動とは、その人にとって負担が大きすぎる運動のことです。トップアスリートのハードトレーニングだけでなく、例えば、慣れない山登りで全身が筋肉痛になった高齢者が 横紋筋融解症 のため意識を失うといったケースがあります。激しい運動のほか、脂質異常症治療薬のスタチンやフィブラート系薬剤の副作用、熱中症、によっても 横紋筋融解症 は生じます。

 

血中に溶け出たミオグロビンは腎臓を通して尿中に排泄されます。このときの尿は赤い色をした「ミオグロビン尿」となります。特にハードな運動を習慣にしている人は、「よくある血尿」として気に留めない可能性があります。しかし、ミオグロビン尿と血尿を自己判断で区別するのは難しく、仮にミオグロビン尿だった場合、そのまま放置しておくと、腎臓が目詰まりを起こして腎不全に発展することがあります。

 

※横紋筋というタイプの筋肉は体位を安定させて手足を動かす骨格筋に相当します。これに対し、血管壁や内臓の筋肉は平滑筋というタイプになります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【運動】新着記事

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

『眼トレ』をすれば視力はアップ? 具体的な方法は?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ テレビや書籍などで頻繁に見かける眼のトレーニング、略して『眼トレ』。 視力の問題は老若男女を問いませんから、この言葉が気になると...

2018/02/09 18:30掲載

30代からは「筋肉の質」 今日からロコモ対策はじめませんか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在日本は、誰も経験したことがない超高齢社会に突入しています。 誰だって年はとるものです。 ほとんどの人は最期まで健...

2018/02/08 18:30掲載

よく耳にする「有酸素運動」 自宅で手軽に実践できる?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエットや健康維持に効果があるとして、すっかり定着した感のある「有酸素運動」。 でも、いざ具体的にどんな運動か説明して…と言われるとち...

2017/11/22 18:30掲載

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

2017/10/21 18:30掲載