運動

Mocosuku(もこすく)
  • 運動

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

健康のための「運動」について

美容と健康を維持する為には、老若男女を問わず定期的に適度な 運動 をすることが勧められています。中には糖尿病などの生活習慣病を改善するために、医師から運動療法をとるようにと勧められることもあるでしょう。しかし一言で 運動 と言っても、何を、どの程度、何時間、どれくらいの頻度で行うかを知らなければ「適度な運動」を実践するのは難しいでしょう。 ここでは適度な 運動 の種類・強度・時間・頻度について解説していきます。

有酸素運動と無酸素運動の違いってなに?

運動 の種類は、大きく分けて有酸素運動と無酸素運動の2つに分かれます。有酸素運動とは酸素を体内に取り込んでその酸素を使ってエネルギーを消費する 運動 で、脂肪を燃焼し、血糖の上昇をおさえる効果もあります。具体的にはウォーキングやサイクリング、水泳など体に大きな負担がかからず、ある程度、長時間続けて行うことのできる種類のものです。一方、無酸素運動とは酸素ではなく筋肉に溜められたグリコーゲンを燃焼させて行う 運動 で、短時間しか行えない種類のもの。ダンベルや腕立て伏せなどの筋力トレーニングや短距離走などがそれにあたります。 運動 の目的によっても異なりますが、基本的にはこの2種類の 運動 を上手く組み合わせることで、高い健康効果が得られるとされています。また、これらの 運動 をするにあたって、その強度と時間、頻度の3要素を考慮することで、自分と自分の目的にあった運動量を決定しなければなりません。

運動 の強度は人によって違う?

運動 の強度は、酸素消費量と心拍数によって判断することができます。酸素消費量とは、その 運動 によって消費される酸素の1分あたりの量を表しますが、これを自分で量ることは難しいため、心拍数で強度を判断する方が簡単でしょう。まずは自分の安静時の脈拍数を計ります。次に自分の年齢からみた平均的な心臓の余力数値を出しましょう。計算式は「220-年齢-安静時の脈拍数」です。この心臓の余力数値に0.5~0.7をかけたものに安静時の心拍数を足すと、自分に適した目標心拍数、つまり運動強度の目安が分かります。例えば35才で安静時の心拍数が70の人の場合、計算式は「{(220-35-70)×0.5~0.7}+70=127.5~150.5となり、運動中の脈拍が127.5~150.5になる程度の強度で 運動 すれば良いことになるわけです。

運動 はどれくらいの時間や頻度ですればいい?

時間に関しては、1回につき10~30分程度が目安とされています。頻度は1週間のうち3日以上。1回の運動効果は3~4日で消失するため、前回の運動効果がまだ残っている間に行うことで、運動効果が蓄積されるからです。逆に間隔が開きすぎると 運動 の効果が蓄積されないばかりか体が慣れず、毎回疲労と筋肉痛に悩まされることになるでしょう。

【運動】

運動の効果を最大に引き出す「食事のポイント」

運動の効果を最大に引き出す「食事のポイント」

執筆:田口 絢子(管理栄養士) 近年、減量や健康維持・増進のために、積極的にスポーツジムへ通う人が増えています。 一方、運動前後の食事に関しては無頓着な人が多いようですね。 せっかく筋肉トレーニングや...

2016/11/29 21:30掲載

休日の運動で月曜日ぐったり?! スポーツの疲れを残さない為の4箇条

休日の運動で月曜日ぐったり?! スポーツの疲れを残さない為の4箇条

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) 健康を考えて、休日にスポーツをしている方も多くいるでしょう。「身体のためにスポーツをしたはずが、月曜日にはグッタリ・・・」ということはありませんか?そこで、スポーツ...

2016/05/16 18:30掲載

腰痛やダイエットにも効く、自宅で簡単トレーニング

腰痛やダイエットにも効く、自宅で簡単トレーニング

執筆:Mocosuku編集部 監修:樋口二三男(整形外科医、日本医師会認定産業医) 古巣の広島東洋カープに復帰した黒田博樹投手。 30代の大部分をメジャーリーグで過ごした彼は、疲れても投球フォームが崩...

2016/05/14 18:30掲載

久し振りに運動しちゃったあなたへ。 筋肉痛の治し方と予防法

久し振りに運動しちゃったあなたへ。 筋肉痛の治し方と予防法

執筆者:井上愛子(保健師) 監修医:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 健康のために、定期的に運動するのは好ましいことですが、慣れない運動をすると筋肉痛になること...

2016/03/07 21:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

関連サイト

ステロイド筋肉

ステロイド筋肉

筋トレと併せてステロイドを摂取すると筋肉がより増強するって知っていますか?当サイトでは、ステロイドの種類とステロイドの副作用について説明します。