スマホ使用で老け顔に… 「 スマホたるみ 」とは?

Mocosuku(もこすく)
  • スマホ使用で老け顔に… 「 スマホたるみ 」とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

スマホ使用で老け顔に… 「 スマホたるみ 」とは?

公開日時
更新日時

「 スマホたるみ 」は携帯・スマホによる姿勢の崩れから

 

携帯・スマホを操作しているときの姿勢を想像してみてください。携帯やスマホの文字は小さいので、画面に顔を近づけようとして首が前に出て、背中が丸まっていませんか? このような前かがみの姿勢を長時間続けば内臓が圧迫されてしまいます。また、常に顔を下げているので、頭部の重さを支える首に負担がかかり、そのダメージは肩や背中にも波及して肩こりの原因にもなります。

 

通常は肩から背中にかけては僧帽筋、広背筋、脊柱起立筋といった筋肉、腰とお腹には大腰筋、腹直筋、内腹斜筋といった筋肉が姿勢を支えています。しかし、携帯やスマホをのぞき込む猫背の状態が続けば、本来姿勢を支えるべき筋肉が衰えたり、硬くなったりします。

 

しなやかさを失った筋肉は血行も悪くなります。全身のリンパや血液の循環が悪化して、むくみやすくなります。気になる顔に関しても老廃物の流れが滞り、頬に皮下脂肪が溜まってしまうなどして頬のたるみ、二重アゴにもつながります。

 

「 スマホたるみ 」の落とし穴は"長時間集中"

 

携帯・スマホを近距離で長時間見ていれば目が疲れるのは当然ですよね。目が疲れているときは、目の周辺の筋肉が凝り固まって血行も悪くなっています。これだけでも「目元たるみ」を引き起こす原因になります。

 

さらに、画面を見ながら長時間集中しているときの表情が問題です。集中しているときは無表情になりがち。顔の表情筋は突っ張り、食いしばりも起きます。お世辞にも可愛い顔とはいえないでしょう。

 

口の周りの筋肉は硬くなり、血流も滞ります。無表情状態は表情筋を使っていない状態です。やがて表情筋は痩せていくでしょう。筋肉が衰えると脂肪がつきやすくなるのは体だけでなく、顔も同じ。皮下脂肪が重力で下向きに引っ張られるのに逆らえず、頬やフェイスラインのたるみが進行してしまいます。

 

このように、長時間の携帯・スマホ操作が習慣になっている人は、知らない間に「スマホたるみ」になってしまわないように注意しましょう。どうしても長時間使わなくてはならないときは、前かがみの姿勢や無表情になっていないかたびたびチェックするとよいでしょう。

 

<参考>
2年で“スマホ中毒者”が10%増!?3人に1人が1日2時間下向きという事実!肌も魅力度も下げてしまう”スマホたるみ”にご注意を。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000002961.html

 

監修:坂本 忍(医学博士)

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スマホ】新着記事

首だけど猫背? PC・スマホ利用者は注意したい「首猫背(ストレートネック)」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「猫背」と聞くと、ふつうは丸まった背中を思い浮かべるのではないでしょうか。 猫背というのは、もともとS字状にカーブしている背骨の歪みが強...

2017/12/03 18:30掲載

“スマホ依存”にNO! 上手なスマホとの付き合い方

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 内閣府による調査では、2015年度のスマートフォン(以下、スマホ)の普及率は7割近くにのぼり、フィーチャーフォン(ガラケー)の普及率を上回りました。しかし、...

2016/09/11 18:30掲載

いま!スマホに顔を近づけすぎていませんか?

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 便利で暇つぶしに最適と、スマートフォンは今となっては生活費需品ともいえます。 しかし、ス...

2016/04/22 18:30掲載

外国人が「Monster(モンスター)」と呼ぶ、日本人のコノ姿

執筆:Mocosuku編集部 多くの人が行き交う通勤時間帯の駅のホームや階段などで、スマートフォンを使いながら歩く「歩きスマホ 」。 歩きスマホをすることで周辺状況が確認しづらくなり、ホームから転落し...

2016/04/14 18:30掲載

若い女性に多い? スマホ症候群 ・後頭神経痛

執筆者:南部 洋子(看護師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 最近「スマホ症候群」として話題になっている後頭神経痛。 若い女性にこの症状が多くみられ...

2016/03/27 12:30掲載

「スマホ巻き肩」はこのストレッチで防ぐ

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本忍(医学博士) 今や日本人の生活必需品ともいえるスマートフォン。 そんなスマホの使用が原因で、体調が悪化する人が増えているそうです。 なかでも多いのが「スマホ巻...

2016/03/14 18:30掲載