「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

Mocosuku(もこすく)
  • 「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

公開日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

これから突入する飲み会シーズン。
 
会社の忘年会や女子会などの飲み会が続いてしまい、何となくお疲れ気味になることも多くなりますね。
 
そんな時、どういう朝食や昼食がおすすめなのか、管理栄養士の私がご紹介したいと思います。
 

 

朝食と昼食は抜かないことがポイント!

 
飲み会でついつい食べ過ぎると、リセットの為に朝食や昼食を抜いたほうがよいのでは?と思いがち。
 
でも実は、3食きちんと食べた方がよいのです。その理由は3つあります。

 
 

その1:アルコールの代謝に使われる栄養素を補給

特に飲み会で食べ物をあまり食べずにお酒中心に楽しむ方は、朝食と昼食でしっかりと栄養補給をすることが大切です。
 
まず大切なのがお肉やお魚・卵・大豆製品に含まれるたんぱく質です。
 
アルコールの代謝は肝臓の酵素によって行われていますが、この酵素の材料となるのがたんぱく質なのです。また、肝臓の酵素の役割を助けたり、アルコール代謝によって発生する有害な活性酸素を除去したりするビタミンの補給も大切です。
 
アルコールを沢山摂取したのに朝食や昼食を抜いてしまうと、こういった栄養素の不足を招いてしまいます。

 
すると余計に疲れやすくなったり、消化吸収がうまくいかなかったりして、飲み会続きの体にさらに負担がかかってしまいます。
 
 

その2:朝食は代謝を上げるのに必要!

飲み会の翌日に何となく食欲がない場合でも、朝食を食べることは大切です。
 
これは朝食には体温を上げて、体のスイッチを入れる働きがある為です。体温が上がることで代謝もよくなり、前日に食べたものやアルコールの代謝もスムーズに行われるのです。
 
もちろん、食欲のない時はいつもより少なめの量でも大丈夫。朝食を食べること自体が体温を上げる働きがあります。
 
ヨーグルトや果物など、何か少しでも口に入れるとよいでしょう。

 
 

その3:昼食で夜の血糖値の急上昇を防ぐ

夜に飲み会があるからカロリーを控えたいと、昼食を抜いてしまうと空腹の状態で飲み会をむかえることになります。
 
すると夜の食事で急激に血糖値が上昇し、糖を脂肪に変える働きも持つインスリンが多量に分泌されてしまいます。
 
つまり、夜食べた食事が脂肪になりやすくなる、太りやすくなるということです。また空腹でアルコールを摂取すると、胃が荒れてしまう可能性もあります。昼食は軽めに食べておく方がよいでしょう。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【食事】新着記事

うなぎ味のなまず…? うなぎとなまず、どれだけ違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑くなる時期にかけて目にすることの多くなるうなぎ。 特に土用丑の日のうなぎは有名ですね。 最近はうなぎ価格高騰の影響で、うなぎのかわりになる「うなぎ味のなまず」が発売さ...

2017/06/22 18:30掲載

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

2017/06/13 18:30掲載

話題のグルテンフリーとはなに? 管理栄養士が解説!

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題になっているグルテンフリー。 言葉は聞いたことがあっても、グルテンとはどんなものかなど、詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、グルテン...

2017/06/07 18:30掲載

そろそろ注意したい、 お弁当作りの食中毒対策

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 6~8月は1年の中でも最も食中毒が多い時期。特に作ってから食べるまで時間があるお弁当では注意が必要です。 そこでお弁当を作る時にどんなことに気をつけたらよいのか、ポイン...

2017/05/28 18:30掲載

管理栄養士が薦める、簡単手作りドレッシングレシピ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) サラダを食べる時に欠かせないドレッシング。 体の為を思ってサラダを食べるのであれば、ドレッシングにも気を使いたいですよね。 そこで、体に優しい手作りドレッシングのレシピ...

2017/05/27 18:30掲載

5月22日は「たまご料理の日」 管理栄養士のオススメたまごかけごはん

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 5月22日はたまご料理の日です。 たまごは「完全栄養食」のイメージがありますが、一体どういった成分が含まれているのか、あまりご存じないかもしれません。 そこで、今回はた...

2017/05/21 18:30掲載