「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

Mocosuku(もこすく)
  • 「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

公開日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

これから突入する飲み会シーズン。
 
会社の忘年会や女子会などの飲み会が続いてしまい、何となくお疲れ気味になることも多くなりますね。
 
そんな時、どういう朝食や昼食がおすすめなのか、管理栄養士の私がご紹介したいと思います。
 

 

朝食と昼食は抜かないことがポイント!

 
飲み会でついつい食べ過ぎると、リセットの為に朝食や昼食を抜いたほうがよいのでは?と思いがち。
 
でも実は、3食きちんと食べた方がよいのです。その理由は3つあります。

 
 

その1:アルコールの代謝に使われる栄養素を補給

特に飲み会で食べ物をあまり食べずにお酒中心に楽しむ方は、朝食と昼食でしっかりと栄養補給をすることが大切です。
 
まず大切なのがお肉やお魚・卵・大豆製品に含まれるたんぱく質です。
 
アルコールの代謝は肝臓の酵素によって行われていますが、この酵素の材料となるのがたんぱく質なのです。また、肝臓の酵素の役割を助けたり、アルコール代謝によって発生する有害な活性酸素を除去したりするビタミンの補給も大切です。
 
アルコールを沢山摂取したのに朝食や昼食を抜いてしまうと、こういった栄養素の不足を招いてしまいます。

 
すると余計に疲れやすくなったり、消化吸収がうまくいかなかったりして、飲み会続きの体にさらに負担がかかってしまいます。
 
 

その2:朝食は代謝を上げるのに必要!

飲み会の翌日に何となく食欲がない場合でも、朝食を食べることは大切です。
 
これは朝食には体温を上げて、体のスイッチを入れる働きがある為です。体温が上がることで代謝もよくなり、前日に食べたものやアルコールの代謝もスムーズに行われるのです。
 
もちろん、食欲のない時はいつもより少なめの量でも大丈夫。朝食を食べること自体が体温を上げる働きがあります。
 
ヨーグルトや果物など、何か少しでも口に入れるとよいでしょう。

 
 

その3:昼食で夜の血糖値の急上昇を防ぐ

夜に飲み会があるからカロリーを控えたいと、昼食を抜いてしまうと空腹の状態で飲み会をむかえることになります。
 
すると夜の食事で急激に血糖値が上昇し、糖を脂肪に変える働きも持つインスリンが多量に分泌されてしまいます。
 
つまり、夜食べた食事が脂肪になりやすくなる、太りやすくなるということです。また空腹でアルコールを摂取すると、が荒れてしまう可能性もあります。昼食は軽めに食べておく方がよいでしょう。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

【食事】新着記事

「偏食」はやっぱり悪い? 健康そうな人もいるけど…

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ピーマンが苦手、肉を食べない、パンしか食べない、と食の偏りといってもその程度はさまざま。 ス...

2017/02/22 18:30掲載

なんでだろう、最近あまり食欲がない… 考えられる原因は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「食」は生きていくうえで欠かすことができない営みです。 しかし、時に食欲が低下してしまうこと...

2017/02/17 18:30掲載

肉や魚を食べない「ベジタリアン」 本当に健康的?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 新しい年を迎えて心機一転。 「今年はもっと健康的な生活を送ろう!」 そう決意した方もいるかもしれません。 先日あるTV番組で「ベジタリアン...

2017/02/02 18:30掲載

素手で握るお寿司屋さんが、衛生面でしていること

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人なら、お寿司屋さんが素手で寿司を握るのは見慣れた光景です。 しかし、もしお寿司屋さんの手にばい菌が付いていたり...

2017/01/16 18:30掲載

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。...

2017/01/08 18:30掲載

今日も残業… 夜遅いときの食事はどうすればいい?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 残業などで、家に帰ってからの食事時間がどうしても遅くなる方も少なくありません。 「お腹は空いているけれど、太りたくない」そんな方におすすめの...

2017/01/06 18:30掲載