「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

Mocosuku(もこすく)
  • 「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「飲み会続き」をリセット! オススメの朝食・昼食

公開日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

これから突入する飲み会シーズン。
 
会社の忘年会や女子会などの飲み会が続いてしまい、何となくお疲れ気味になることも多くなりますね。
 
そんな時、どういう朝食や昼食がおすすめなのか、管理栄養士の私がご紹介したいと思います。
 

 

朝食と昼食は抜かないことがポイント!

 
飲み会でついつい食べ過ぎると、リセットの為に朝食や昼食を抜いたほうがよいのでは?と思いがち。
 
でも実は、3食きちんと食べた方がよいのです。その理由は3つあります。

 
 

その1:アルコールの代謝に使われる栄養素を補給

特に飲み会で食べ物をあまり食べずにお酒中心に楽しむ方は、朝食と昼食でしっかりと栄養補給をすることが大切です。
 
まず大切なのがお肉やお魚・卵・大豆製品に含まれるたんぱく質です。
 
アルコールの代謝は肝臓の酵素によって行われていますが、この酵素の材料となるのがたんぱく質なのです。また、肝臓の酵素の役割を助けたり、アルコール代謝によって発生する有害な活性酸素を除去したりするビタミンの補給も大切です。
 
アルコールを沢山摂取したのに朝食や昼食を抜いてしまうと、こういった栄養素の不足を招いてしまいます。

 
すると余計に疲れやすくなったり、消化吸収がうまくいかなかったりして、飲み会続きの体にさらに負担がかかってしまいます。
 
 

その2:朝食は代謝を上げるのに必要!

飲み会の翌日に何となく食欲がない場合でも、朝食を食べることは大切です。
 
これは朝食には体温を上げて、体のスイッチを入れる働きがある為です。体温が上がることで代謝もよくなり、前日に食べたものやアルコールの代謝もスムーズに行われるのです。
 
もちろん、食欲のない時はいつもより少なめの量でも大丈夫。朝食を食べること自体が体温を上げる働きがあります。
 
ヨーグルトや果物など、何か少しでも口に入れるとよいでしょう。

 
 

その3:昼食で夜の血糖値の急上昇を防ぐ

夜に飲み会があるからカロリーを控えたいと、昼食を抜いてしまうと空腹の状態で飲み会をむかえることになります。
 
すると夜の食事で急激に血糖値が上昇し、糖を脂肪に変える働きも持つインスリンが多量に分泌されてしまいます。
 
つまり、夜食べた食事が脂肪になりやすくなる、太りやすくなるということです。また空腹でアルコールを摂取すると、胃が荒れてしまう可能性もあります。昼食は軽めに食べておく方がよいでしょう。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

油断してたらお腹がポッコリ! 「贅肉」はお腹からつくの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「最近、おなかまわりだけ贅肉がついてきた」という方はいませんか? 「贅肉」とは、一般的に余剰な皮下脂肪組織を指します。 それではこの贅肉...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「コーラを飲むと歯が溶ける」は本当?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 「コーラを飲むと歯が溶ける」という噂を耳にしたことがありませんか? その真偽もさることながら、そもそもなぜコーラなのか、さらにコーラ以外の飲み物は問題ないのかも気になると...

良いコトも悪いコトも。 「週末断食」は正しい知識と方法で

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 美容や健康を目的に「週末断食」を行う人が女性を中心に増えています。 一般的な「断食」はつらく厳しいイメージがありますね。 それでは週末断食と...

知っておきたい 足がつった時の対処法

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 梅雨が明け、これから本格的な夏に突入します。海やプールなどに出かける予定の人も多いでし...

暑さ対策に! 管理栄養士さんのオススメ「暑気払い」

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑さも本格化し、職場などで暑気払いが開催される時期になりました。 しかし、そもそも暑気払いとはどのような行事なのか、ご存知でしょうか。 今回は、知っているようで知らない...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段どのような...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【食事】新着記事

8月18日は「健康食育の日」 食育のこと、ご存じですか?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 8月18日は「健康食育の日」です。 この「食育」という言葉、よく耳にすることはあるかと思います。 しかし具体的には、なにをどうすればよいのでしょうか? 今回はこの食育に...

2017/08/17 18:30掲載

BBQや夜店、夏の野外での食事には「食中毒」の予防を

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の時期は夏祭りやバーベキューなど野外で食事をする機会が増えますね。 そんな野外の食事で心配なのが食中毒です。 今回は、野外の食事をより楽しむ為に、食中毒予防で気をつけ...

2017/08/10 18:30掲載

「ソーセージ」と「ウインナー」 何が違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏になりバーベキューなどで食べる機会が多くなってくるソーセージやウインナー。 いつもなんとなく食べてはいるけれど、ソーセージとウインナーに、違いはあるのでしょうか? 今...

2017/08/07 18:30掲載

暑さ対策に! 管理栄養士さんのオススメ「暑気払い」

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑さも本格化し、職場などで暑気払いが開催される時期になりました。 しかし、そもそも暑気払いとはどのような行事なのか、ご存知でしょうか。 今回は、知っているようで知らない...

2017/08/03 18:30掲載

「健康寿命」を延ばす秘訣は「和食」にあり?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 世界の中で長寿国である日本。 その背景には「和食」という文化を含む、日々の食生活が大きく関わっています。 和食はなぜ健康寿命に影響するのでし...

2017/07/26 18:30掲載

ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節には、飲み物を飲む量や回数が増えますよね。 水分補給をするときには、何を飲んでいますでしょうか。 ついつい砂糖がたくさん入った甘...

2017/07/19 18:30掲載