知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

公開日時
更新日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。
 
今回はそんな食品添加物の基礎について、管理栄養士がお伝えしようと思います。
 

 

食品添加物とは、そもそもなに?

 

食品添加物の定義

食品添加物の定義は、食品衛生法によって「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定められています。
 
添加物というと、保存を高めたり色をよくしたりするのに使われるイメージがありますね。でも、製造を効率よくする目的や栄養強化の目的でも使われているのです。

 
 

食品添加物の種類

 
食品添加物は、食品衛生法により以下のように分類されています。
 
1.指定添加物
厚生労働大臣が有効性と安全性を認めたものです。449品種類あり、原料や製法が科学的であっても天然のものであっても添加物となります。

 
 
2.既存添加物
長年の使用実績のあるものを厚生労働大臣が認め、引き続き利用することを許可しています。安全性や有用性に問題がある場合はリストより削除されます。365品種類あります。

 
 
3.天然香料
果物や乳などの食品から採取され、使用量がごく微量なもので香りをつける為に使われています。長年の経験上で健康に影響がないものが認定されており、612種類あります。

 
 
4.一般飲食物添加物
一般的に食品として使われているものを、食品添加物として使用するものです。すべての食品が対象となります。

 
 

食品添加物はどのように指定される?

 
食品添加物の認定を受けるには、以下の5つの条件を満たす必要があります。
 
 
1.国際的に安全評価が終了し、安全性に問題がないとされている
 
2.国際的に広く利用されている
 
3.科学的な検討に必要な資料が整っている
 
4.使用が消費者にとって利点になる
 

5.原則として化学分析で食品に使用した添加物が確認できる
 
 
食品添加物は薬ではないので、病気の治療を目的とした成分の添加は認められていません。また、粗悪品をごまかすための成分も認められません。
 
認定を受けるには、食品安全委員会、厚生労働省、消費者庁など複数の機関で様々な承認を受ける必要があります。

 
このように、あくまで消費者にとってメリットがあるものだけが食品添加物として認定される仕組みが備わっているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【食事】新着記事

脂肪燃焼効果を高める! オススメ食材・飲料組み合わせ

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットをしよう!」と思い立ったときに、まずは食事を減らすという方も多いでしょう。 しかし、効率よく脂肪を燃やすためには、動くことと同...

2017/03/28 18:30掲載

カラダに嬉しい!「ねばねば成分」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によさそうなイメージのある「ねばねば食材」。 納豆やオクラなど様々なものがありますね。 ねばねば成分には一体どのようなものがあるのでしょう? 今回はその働きや、ねばね...

2017/03/27 18:30掲載

【コラム】栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 年間50日以上、海外に出かけている私が欧米から学んだこと。 それは「何を食べるのか」ではなく「どう作られたか」にこだわることです。 最近は海外出張のときはオーガニッ...

2017/03/24 18:30掲載

今夜できる、春の混ぜご飯 & 炊きこみご飯

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 筍や菜の花など春の食材が美味しい季節になりました。 春の食材は、筍ごはんやちらし寿司など混ぜご飯や炊きこみごはんにすると美味しいものですが、作るとなると手間がかかって大...

2017/03/23 18:30掲載

知っておこう「コレステロールを抑える食事」について

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康診断で計測されるコレステロール値。 高いのはよくないとわかっていてもどんな食事にしたらよいか、疑問に思われている方も多いのではないでしょうか? 今回はコレステロール...

2017/03/22 18:30掲載

「海藻は髪に良い!」 これ本当?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「海藻が髪に良い」と耳にしたことがある方は、多いでしょう。 ツヤのある黒色をしたワカメや海苔はいかにも髪に良さそうですよね。実際に、海藻を...

2017/03/16 18:30掲載