知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

公開日時
更新日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。
 
今回はそんな食品添加物の基礎について、管理栄養士がお伝えしようと思います。
 

 

食品添加物とは、そもそもなに?

 

食品添加物の定義

食品添加物の定義は、食品衛生法によって「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定められています。
 
添加物というと、保存を高めたり色をよくしたりするのに使われるイメージがありますね。でも、製造を効率よくする目的や栄養強化の目的でも使われているのです。

 
 

食品添加物の種類

 
食品添加物は、食品衛生法により以下のように分類されています。
 
1.指定添加物
厚生労働大臣が有効性と安全性を認めたものです。449品種類あり、原料や製法が科学的であっても天然のものであっても添加物となります。

 
 
2.既存添加物
長年の使用実績のあるものを厚生労働大臣が認め、引き続き利用することを許可しています。安全性や有用性に問題がある場合はリストより削除されます。365品種類あります。

 
 
3.天然香料
果物や乳などの食品から採取され、使用量がごく微量なもので香りをつける為に使われています。長年の経験上で健康に影響がないものが認定されており、612種類あります。

 
 
4.一般飲食物添加物
一般的に食品として使われているものを、食品添加物として使用するものです。すべての食品が対象となります。

 
 

食品添加物はどのように指定される?

 
食品添加物の認定を受けるには、以下の5つの条件を満たす必要があります。
 
 
1.国際的に安全評価が終了し、安全性に問題がないとされている
 
2.国際的に広く利用されている
 
3.科学的な検討に必要な資料が整っている
 
4.使用が消費者にとって利点になる
 

5.原則として化学分析で食品に使用した添加物が確認できる
 
 
食品添加物は薬ではないので、病気の治療を目的とした成分の添加は認められていません。また、粗悪品をごまかすための成分も認められません。
 
認定を受けるには、食品安全委員会、厚生労働省、消費者庁など複数の機関で様々な承認を受ける必要があります。

 
このように、あくまで消費者にとってメリットがあるものだけが食品添加物として認定される仕組みが備わっているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【食事】新着記事

ジュースの飲み過ぎが原因で「ペットボトル症候群」に?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節には、飲み物を飲む量や回数が増えますよね。 水分補給をするときには、何を飲んでいますでしょうか。 ついつい砂糖がたくさん...

2017/07/19 18:30掲載

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」 その違いはなに?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑い夏にかけて食べる機会が多くなってくる「そうめん」や「ひやむぎ」。 普段何気なく食べてはいるものの、一体どういう違いがあるのでしょう? そもそも、これらは「うどん」と...

2017/07/08 18:30掲載

サラダを食べよう! 7月6日は『サラダ記念日』

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 7月6日はサラダ記念日だとご存じでしたか? サラダは脇役のイメージがありますが、工夫次第では食卓のメイン料理にもなります。 そこでサラダ記念日の由来や、夏にぴったりのご...

2017/07/05 18:30掲載

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

2017/06/28 18:30掲載

うなぎ味のなまず…? うなぎとなまず、どれだけ違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 暑くなる時期にかけて目にすることの多くなるうなぎ。 特に土用丑の日のうなぎは有名ですね。 最近はうなぎ価格高騰の影響で、うなぎのかわりになる「うなぎ味のなまず」が発売さ...

2017/06/22 18:30掲載

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

2017/06/13 18:30掲載