知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

公開日時
更新日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。
 
今回はそんな食品添加物の基礎について、管理栄養士がお伝えしようと思います。
 

 

食品添加物とは、そもそもなに?

 

食品添加物の定義

食品添加物の定義は、食品衛生法によって「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定められています。
 
添加物というと、保存を高めたり色をよくしたりするのに使われるイメージがありますね。でも、製造を効率よくする目的や栄養強化の目的でも使われているのです。

 
 

食品添加物の種類

 
食品添加物は、食品衛生法により以下のように分類されています。
 
1.指定添加物
厚生労働大臣が有効性と安全性を認めたものです。449品種類あり、原料や製法が科学的であっても天然のものであっても添加物となります。

 
 
2.既存添加物
長年の使用実績のあるものを厚生労働大臣が認め、引き続き利用することを許可しています。安全性や有用性に問題がある場合はリストより削除されます。365品種類あります。

 
 
3.天然香料
果物や乳などの食品から採取され、使用量がごく微量なもので香りをつける為に使われています。長年の経験上で健康に影響がないものが認定されており、612種類あります。

 
 
4.一般飲食物添加物
一般的に食品として使われているものを、食品添加物として使用するものです。すべての食品が対象となります。

 
 

食品添加物はどのように指定される?

 
食品添加物の認定を受けるには、以下の5つの条件を満たす必要があります。
 
 
1.国際的に安全評価が終了し、安全性に問題がないとされている
 
2.国際的に広く利用されている
 
3.科学的な検討に必要な資料が整っている
 
4.使用が消費者にとって利点になる
 

5.原則として化学分析で食品に使用した添加物が確認できる
 
 
食品添加物は薬ではないので、病気の治療を目的とした成分の添加は認められていません。また、粗悪品をごまかすための成分も認められません。
 
認定を受けるには、食品安全委員会、厚生労働省、消費者庁など複数の機関で様々な承認を受ける必要があります。

 
このように、あくまで消費者にとってメリットがあるものだけが食品添加物として認定される仕組みが備わっているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【食事】新着記事

「硬水」「軟水」は何が違う? ミネラルウォーターの種類と選び方

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為などに飲む方も多いミネラルウォーター。 コンビニなどでも沢山の種類が並んでいますよね。 種類によってどういう違いがあるのでしょうか。 今回はミネラルウォーターの...

2017/09/19 18:30掲載

白米・玄米・五穀米や十六穀米を比較! なにがどれだけどう違う?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 普段、私たちが食べるお米には、玄米や五穀米など実に様々な種類があります。 最近では定食屋さんやお弁当屋さんでも、ご飯の種類を選ぶことができるようになってきていますね。 ...

2017/09/12 18:30掲載

低脂肪、低カロリー、糖質ゼロ。ダイエットで優先すべきはどれ?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 健康志向や痩せ志向が広まり、スーパーやコンビニでも低脂肪や低カロリー、糖質ゼロなど、ダイエッ...

2017/09/09 18:30掲載

美容や健康に「ナッツ」はいかが? 種類や選び方をご紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) お酒のお供や、美容・健康のためなどに。 近年、コンビニやスーパーでナッツを見かける機会が多くなってきましたね。 この頃では、おしゃれな雑貨屋さんなどでも沢山の種類が並ん...

2017/09/06 18:30掲載

8月31日は「野菜の日」 冬瓜、ズッキーニ、空心菜などいかがですか?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 8月31日は8(や)3(さ)1(い)にちなみ、「野菜の日」とされています。 野菜は食卓になじみのある食材ですし、健康の為に積極的に摂りたい食品の1つです。 そのなかでも...

2017/08/30 18:30掲載

8月18日は「健康食育の日」 食育のこと、ご存じですか?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 8月18日は「健康食育の日」です。 この「食育」という言葉、よく耳にすることはあるかと思います。 しかし具体的には、なにをどうすればよいのでしょうか? 今回はこの食育に...

2017/08/17 18:30掲載