知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っているようで知らない「食品添加物」 基礎知識をご紹介

公開日時
更新日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 

何かと話題になることが多い添加物。なるべくとらないように気をつけている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
「でも、添加物って?」と思う方も多いのではないでしょうか。
 
今回はそんな食品添加物の基礎について、管理栄養士がお伝えしようと思います。
 

 

食品添加物とは、そもそもなに?

 

食品添加物の定義

食品添加物の定義は、食品衛生法によって「食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、湿潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定められています。
 
添加物というと、保存を高めたり色をよくしたりするのに使われるイメージがありますね。でも、製造を効率よくする目的や栄養強化の目的でも使われているのです。

 
 

食品添加物の種類

 
食品添加物は、食品衛生法により以下のように分類されています。
 
1.指定添加物
厚生労働大臣が有効性と安全性を認めたものです。449品種類あり、原料や製法が科学的であっても天然のものであっても添加物となります。

 
 
2.既存添加物
長年の使用実績のあるものを厚生労働大臣が認め、引き続き利用することを許可しています。安全性や有用性に問題がある場合はリストより削除されます。365品種類あります。

 
 
3.天然香料
果物や乳などの食品から採取され、使用量がごく微量なもので香りをつける為に使われています。長年の経験上で健康に影響がないものが認定されており、612種類あります。

 
 
4.一般飲食物添加物
一般的に食品として使われているものを、食品添加物として使用するものです。すべての食品が対象となります。

 
 

食品添加物はどのように指定される?

 
食品添加物の認定を受けるには、以下の5つの条件を満たす必要があります。
 
 
1.国際的に安全評価が終了し、安全性に問題がないとされている
 
2.国際的に広く利用されている
 
3.科学的な検討に必要な資料が整っている
 
4.使用が消費者にとって利点になる
 

5.原則として化学分析で食品に使用した添加物が確認できる
 
 
食品添加物は薬ではないので、病気の治療を目的とした成分の添加は認められていません。また、粗悪品をごまかすための成分も認められません。
 
認定を受けるには、食品安全委員会、厚生労働省、消費者庁など複数の機関で様々な承認を受ける必要があります。

 
このように、あくまで消費者にとってメリットがあるものだけが食品添加物として認定される仕組みが備わっているのです。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

生理前・生理中の不調を緩和する、食事面でのポイント

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 生理前は調子が悪くなる、生理中は食欲がない…など、生理にまつわる体調の変化は人それぞれです。 いずれにせよ、カラダの...

2018/01/05 18:30掲載

カラダのためにまずは野菜を。 でもそのあとは?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 西洋料理のフルコースや日本の会席料理などは、一品ずつ提供され自ずと食べる順番も決まっています...

2018/01/04 18:30掲載

すっかり定着した「高カカオチョコ」 カカオが多いとなにが良い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ カカオ含有量の多い「高カカオチョコ」。 昨今の健康ブームにも乗って、世代を問わず身近なお菓子...

2017/12/26 18:30掲載

「食べること」は「生きること」 口で食べることの大切さ

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちは生きていくための栄養を食事から摂っていますが、「食べること」は単に栄養摂取の一手段ではなく、健康を維持したり、生きる楽しみを味わ...

2017/12/19 18:30掲載

イギリス発祥「Vegan (ヴィーガン)=完全菜食主義」のお話

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 1944年にイギリスで創設された『The Vegan Society:ヴィーガン協会』。 ヴ...

2017/12/13 18:30掲載

野菜1日350g、これすべて野菜ジュースやスムージーで補える?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病を防ぐにはビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれている野菜や果物を摂ることが...

2017/12/07 18:30掲載