どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

Mocosuku(もこすく)
  • どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。
 
どうして寝相が悪くなるのでしょうか?
 
そういえば、大人になってからでも寝相の悪い人・いい人がいますね。
 
寝相が悪い原因とはなんなのでしょう?また改善は可能なのでしょうか。詳しくさぐっていきましょう。
 

 

まずは「睡眠の種類」から

 
人間の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
 

レム睡眠

レム睡眠とは、眠りが浅く、眠っていても目玉が動いて、脳が起きている状態をいいます。

 
身体を休ませる眠りで、全身の力も抜けます。脳が覚醒しているのは、寝るまでに脳に蓄積された情報を処理して、記憶を固定させているからです。
 
夢をみるのも、レム睡眠中です。
 
 

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、深い眠りで、熟睡した状態です。
 
脳は、活動を低下させ、休息状態になります。ノンレム睡眠は、深さによってさらに4段階に分けられます。
 
第1段階からだんだんと深くなっていきます。第3・4段階を合わせて、「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ぶことが多く、深い眠りの状態を指します。徐波睡眠は、脳や身体を休息させるために、体温を急激に下げる働きがあり、これによって発汗量が増えます。

 
 
一般的には、眠りについた直後はノンレム睡眠です。
 
その後、ノンレム睡眠とレム睡眠が、約90分~120分周期の単位として交互に繰り返されます。睡眠の後半に進むにつれて、ノンレム睡眠の長さが短くなります。
 
また、起きている間に運動量や精神的負担が増えると、ノンレム睡眠が長く深くなるといわれています。
 
 

子どもの寝相

 
徐波睡眠は大脳が休んでいる状態なので身体の位置を保ったり、姿勢をそのままにしておく認識が全くなくなります。そのため、寝相が悪くなり、布団から出たり、ベッドから落ちたりするのです。
 
子どもは徐波睡眠の状態が大人よりも長いので、それだけよく動いて寝相が悪くなります。
 
寝相が悪いということは、脳がしっかり休んでいるという証ですから、つまり「子どもは寝相が悪いほうが安心だ」ということになります。一方、徐波睡眠の状態が短いと、大脳が休息できておらず、寝相もよくなります。
 
また徐波睡眠の状態が長いと、発汗が増えます。

 
それによって布団の中が蒸れるので、無意識に布団の中の湿度や温度を変えようとして、寝返りを打ったりします。ですから、夏場は、寝返りの回数がふえ、寝相がより悪くなるともいえます。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【子育て】新着記事

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ やっと出産してかわいい赤ちゃんと出会えた喜びもつかの間、始まるのは寝る暇もないほど忙しい毎日です。 産後の心身の状態...

2017/08/28 18:30掲載

助産師さんに聞いた「ベビーベッドの必要性」

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 出産が控えているお宅では、赤ちゃんとの生活に必要なものの準備を始めていることでしょう。 なかでも、必要かどうか迷うことが多いのが...

2017/07/23 18:30掲載

炭酸飲料やコーヒーを子どもが飲んでいるけれど… 身体に悪影響はない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ コーヒーや炭酸飲料の摂りすぎは、大人でも「良くない」と広く知られています。 それでは、体格の...

2017/07/12 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載