どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

Mocosuku(もこすく)
  • どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。
 
どうして寝相が悪くなるのでしょうか?
 
そういえば、大人になってからでも寝相の悪い人・いい人がいますね。
 
寝相が悪い原因とはなんなのでしょう?また改善は可能なのでしょうか。詳しくさぐっていきましょう。
 

 

まずは「睡眠の種類」から

 
人間の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
 

レム睡眠

レム睡眠とは、眠りが浅く、眠っていても目玉が動いて、脳が起きている状態をいいます。

 
身体を休ませる眠りで、全身の力も抜けます。脳が覚醒しているのは、寝るまでに脳に蓄積された情報を処理して、記憶を固定させているからです。
 
夢をみるのも、レム睡眠中です。
 
 

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、深い眠りで、熟睡した状態です。
 
脳は、活動を低下させ、休息状態になります。ノンレム睡眠は、深さによってさらに4段階に分けられます。
 
第1段階からだんだんと深くなっていきます。第3・4段階を合わせて、「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ぶことが多く、深い眠りの状態を指します。徐波睡眠は、脳や身体を休息させるために、体温を急激に下げる働きがあり、これによって発汗量が増えます。

 
 
一般的には、眠りについた直後はノンレム睡眠です。
 
その後、ノンレム睡眠とレム睡眠が、約90分~120分周期の単位として交互に繰り返されます。睡眠の後半に進むにつれて、ノンレム睡眠の長さが短くなります。
 
また、起きている間に運動量や精神的負担が増えると、ノンレム睡眠が長く深くなるといわれています。
 
 

子どもの寝相

 
徐波睡眠は大脳が休んでいる状態なので身体の位置を保ったり、姿勢をそのままにしておく認識が全くなくなります。そのため、寝相が悪くなり、布団から出たり、ベッドから落ちたりするのです。
 
子どもは徐波睡眠の状態が大人よりも長いので、それだけよく動いて寝相が悪くなります。
 
寝相が悪いということは、脳がしっかり休んでいるという証ですから、つまり「子どもは寝相が悪いほうが安心だ」ということになります。一方、徐波睡眠の状態が短いと、大脳が休息できておらず、寝相もよくなります。
 
また徐波睡眠の状態が長いと、発汗が増えます。

 
それによって布団の中が蒸れるので、無意識に布団の中の湿度や温度を変えようとして、寝返りを打ったりします。ですから、夏場は、寝返りの回数がふえ、寝相がより悪くなるともいえます。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【子育て】新着記事

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。 どうして寝相が悪くなる...

2017/01/09 18:30掲載

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。 ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。 学校教育...

2017/01/02 21:30掲載

健全な金銭感覚を育む「子どものお小遣いルール」

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 友だちがお小遣いを使っている姿を見れば、「○○ちゃんはいいな~、ボク(わたし)も欲しい」と子どもが思う心情は、当然といえるでしょう。 また子どもから「○○...

2016/12/30 21:30掲載