どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

Mocosuku(もこすく)
  • どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。
 
どうして寝相が悪くなるのでしょうか?
 
そういえば、大人になってからでも寝相の悪い人・いい人がいますね。
 
寝相が悪い原因とはなんなのでしょう?また改善は可能なのでしょうか。詳しくさぐっていきましょう。
 

 

まずは「睡眠の種類」から

 
人間の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
 

レム睡眠

レム睡眠とは、眠りが浅く、眠っていても目玉が動いて、脳が起きている状態をいいます。

 
身体を休ませる眠りで、全身の力も抜けます。脳が覚醒しているのは、寝るまでに脳に蓄積された情報を処理して、記憶を固定させているからです。
 
夢をみるのも、レム睡眠中です。
 
 

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、深い眠りで、熟睡した状態です。
 
脳は、活動を低下させ、休息状態になります。ノンレム睡眠は、深さによってさらに4段階に分けられます。
 
第1段階からだんだんと深くなっていきます。第3・4段階を合わせて、「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ぶことが多く、深い眠りの状態を指します。徐波睡眠は、脳や身体を休息させるために、体温を急激に下げる働きがあり、これによって発汗量が増えます。

 
 
一般的には、眠りについた直後はノンレム睡眠です。
 
その後、ノンレム睡眠とレム睡眠が、約90分~120分周期の単位として交互に繰り返されます。睡眠の後半に進むにつれて、ノンレム睡眠の長さが短くなります。
 
また、起きている間に運動量や精神的負担が増えると、ノンレム睡眠が長く深くなるといわれています。
 
 

子どもの寝相

 
徐波睡眠は大脳が休んでいる状態なので身体の位置を保ったり、姿勢をそのままにしておく認識が全くなくなります。そのため、寝相が悪くなり、布団から出たり、ベッドから落ちたりするのです。
 
子どもは徐波睡眠の状態が大人よりも長いので、それだけよく動いて寝相が悪くなります。
 
寝相が悪いということは、脳がしっかり休んでいるという証ですから、つまり「子どもは寝相が悪いほうが安心だ」ということになります。一方、徐波睡眠の状態が短いと、大脳が休息できておらず、寝相もよくなります。
 
また徐波睡眠の状態が長いと、発汗が増えます。

 
それによって布団の中が蒸れるので、無意識に布団の中の湿度や温度を変えようとして、寝返りを打ったりします。ですから、夏場は、寝返りの回数がふえ、寝相がより悪くなるともいえます。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【子育て】新着記事

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。 どうして寝相が悪くなる...

2017/01/09 18:30掲載

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。 ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。 学校教育...

2017/01/02 21:30掲載

健全な金銭感覚を育む「子どものお小遣いルール」

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 友だちがお小遣いを使っている姿を見れば、「○○ちゃんはいいな~、ボク(わたし)も欲しい」と子どもが思う心情は、当然といえるでしょう。 また子どもから「○○...

2016/12/30 21:30掲載