不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

Mocosuku(もこすく)
  • 不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

公開日時

 
執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
あなたは自分の睡眠に満足していますか?
 
睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。
 
しかし、「過眠症」で悩んでいる方もいることをご存知でしょうか。
 
今回は、その過眠症についてご説明します。
 

 

過眠症とは

 
過眠症とは、夜間の睡眠時間や睡眠の質に問題がないはずなのに、日中に強い眠気が現れ、起きていることができない状態、あるいは抑えきれないほどの眠気によって、意図せず居眠りをしてしまう状態のことをいいます。
 
『睡眠障害国際分類第3版(ICSD-3)』では、過眠症を「中枢性過眠症」と呼び、次のものが分類されています。
 

(1)ナルコレプシー

 
ナルコレプシーは、日中に耐えられないほどの眠気に襲われ、居眠りを繰り返してしまい、日常生活に支障をきたす疾患です。
 
10~20分ほどの短い居眠りをすれば、いったんはすっきりするものの、その後、再び眠気に襲われることを繰り返します。
 
また、眠りに入るときに現実感のある夢を見る入眠時幻覚や、いわゆる「金縛り」のような状態になる睡眠麻痺などの症状が現れる人もいます。
 
ナルコレプシーは、症状の違いから2つに分けられます。
 

ナルコレプシー1

 
笑う・怒るなどの感情の変化が起こった際に、筋肉の緊張が緩み、身体に力が入らなくなる情動脱力発作があります。
 

ナルコレプシー2

 
ナルコレプシー1と同じく、日中に耐えられないほどの眠気があり、居眠りを繰り返すものの、情動脱力発作はみられません。
 
これまでの研究で、ナルコレプシーの発症年齢のピークは10代であることがわかっています。
 

(2)特発性過眠症

 
心身の休息や回復に時間がかかり、夜間の睡眠が10時間以上になるなど、長時間の睡眠を必要とする疾患です。
 
また、夜間に十分な睡眠をとっていても目覚めが悪い人、日中強い眠気に襲われ、1時間以上の睡眠を必要とする人もいます。
 
発症年齢は25歳未満が多いといわれています。
 

(3)クライネ・レビン症候群

 
数日から数週間にわたり、傾眠状態(けいみんじょうたい;意識はもうろうとしているが、周囲の問いかけには反応できる)が続く過眠症です。
 
非常にまれな病気で、日本では「眠れる森の美女症候群」などと呼ばれることもあります。
 
傾眠状態が続く間は、1日に15時間以上眠り続け、食欲が増加する、過食になるなどの症状もみられます。
 

(4)睡眠不足症候群

 
慢性的な睡眠不足状態に陥り、日中に強い眠気に襲われます。
 
平日の睡眠時間は3~4時間なのに対し、休日の睡眠時間は10時間以上という人が多く見受けられますが、本人は睡眠不足と自覚していないことも多々あります。
 

(5)長時間睡眠者

 
もともと1日に10時間以上の睡眠が必要な人を指します。
元来の性質であるため、障害ではないという見方もありますが、長時間睡眠者が通常よりも短い睡眠時間で過ごしていると、睡眠不足症候群などに陥る可能性があります。
 
ICSD-3では、このほか、身体疾患や精神疾患などの基礎疾患の二次的症状や、薬物などの影響で過眠になることがある、と示されています。
 
それでは、どんな病気が原因で過眠の症状が引き起こされるのでしょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【睡眠】新着記事

「夢」は未来をお見通し?「夢診断」は本当に当たるの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 夢とは、「睡眠中に現実の経験のように感じる、一連の観念や心象」と定義されています(※)。 古今東西、人は夢を見る経験を興味深く不...

2018/01/10 18:30掲載

これでぐっすり。 布団をかける順番で、暖かさが変わるかも

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ いよいよ本格的に寒くなってきましたね。 寝るときは、布団にタオルケット、毛布もプラスして…と、暖かく眠れるように寝具...

2017/12/23 18:30掲載

今夜、夢で逢いましょう… 睡眠中の夢を決めて見ることはできる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 眠っているときに見る「夢」。 睡眠と覚醒は相反するもので、覚醒は「意識がはっきりしている状態」、睡眠は「意識の途絶えた状態」を指...

2017/12/06 18:30掲載

仕事中、猛烈な睡魔に襲われて… 眠気を覚ます方法ある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自堕落をしているわけでもない、夜更かしもしないでしっかり寝たはず… それなのに、仕事中に襲ってくる睡魔。 そんな経験、誰しもお持ちではな...

2017/11/24 18:30掲載

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

2017/10/31 18:30掲載

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

2017/10/19 18:30掲載