アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

Mocosuku(もこすく)
  • アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

公開日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
ストレスが多い社会環境や生活リズムの乱れによって、日本人の5人に1人は睡眠に悩みをもっていると言われます。
 
また、日本人は睡眠への満足度も低く、3割以上の人が睡眠の質に不満を感じていることも明らかになっています。
 
現代病とも言われる睡眠障害。快適な眠りを得るためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。
 

 

睡眠指針2014

 
「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」は、国民の健康増進を目的に厚生労働省が実施している運動です。
 
現在、平成25年から34年度までの第2次期に入っています。
 
この中の、生活習慣や社会環境の改善という重点項目において、「休養」のため日常的に質量ともに十分な睡眠をとることが奨励されています。
 
さらに厚労省は具体策として「健康づくりのための睡眠指針2014」を策定しています。
 
睡眠について正しい知識を身につけ定期的に自分の睡眠をチェックすること、そして、質量ともに適切な睡眠を確保して睡眠障害に早期対応し、からだとこころの健康づくりを目指すよう、次の12か条の項目が提起されています。
 

良い睡眠で、からだもこころも健康に

適度な運動、しっかり朝食、ねむりと目ざめのメリハリを

良い睡眠は、生活習慣病の予防につながります

睡眠による休養感は、こころの健康に重要です

年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を

良い睡眠のためには、環境づくりも重要です

若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ

勤労世代の疲労回復、能率アップに、毎日十分な睡眠を

熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠

眠くなってから寝床に入り、起きる時間は遅らせない

いつもと違う睡眠には、要注意

眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を

 
【参考】厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針2014』(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf)
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【睡眠】新着記事

一瞬の寝落ち『フラッシュスリープ』 活用次第ではメリットも?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 『フラッシュスリープ』は、『瞬眠(しゅんみん)』『マイクロスリープ』とも呼ばれます。 猛烈な眠気のあと、時間にしてほんのわずか数秒から数...

2018/12/11 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載

アナタの睡眠は大丈夫? カンタンにできる「快く眠るためのコツ」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスが多い社会環境や生活リズムの乱れによって、日本人の5人に1人は睡眠に悩みをもっていると言われます。 また、日本人は睡眠への満足度...

2018/08/05 18:30掲載

起きたい時間に、自力で目覚めることはできる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「明日は何時に起きよう!」と心に決めると、目覚まし時計をセットしなくてもその時間に目が覚める… そんなことが本当にできたらなんて...

2018/03/14 18:30掲載

休日の寝だめで体内時計が…! 「社会的ジェットラグ」にご用心

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 平日はいつも睡眠不足気味だと感じているあなた。 休日に「寝だめ」をして解消しようと考えることはありませんか? 「社会的ジェットラ...

2018/03/03 18:30掲載

子どもに多いという「夢遊病」 考えられる原因は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に起き上がり何かしらの行動をとって再び眠りにつく「夢遊病」。 夢は見ていないのですが、「夢の中をさまよい歩くような」イメー...

2018/02/18 18:30掲載