離乳食

Mocosuku(もこすく)
  • 離乳食

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

離乳食について知っておきたいこと



離乳食のおすすめ食材 と聞いて、何が思い浮かびますか?また、離乳食をスタートするときに、どんなことに気をつければよいのでしょうか?いまいちピンとこない、という人のために、今回は離乳食についてご紹介します。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食って?



離乳食は徐々に大人と同じご飯が食べられるようにしていくための食事です。赤ちゃんは産まれてからおっぱいやミルクのみで成長していきますが、5~6か月くらいから段々と離乳し、離乳食をあげるようになります。
その際にはドロドロのものから徐々にかたさをつけていき、形のあるものを食べられるようにしていくのですが、それだけでなく色々な食材を食べられるようにしていくということも大切です。
そのため、特にアレルギーの心配が無いようであれば、少しずつ色々な種類の食材を食べさせていくようにします。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食作りでおススメの食材は?



豆腐やにんじん・ブロッコリーは栄養面でも調理のしやすさの面でも非常に使いやすい食材です。豆腐はやわらかいのですぐに潰すことができますし、良質なタンパク質を豊富に含んでいます。
にんじんは茹でて冷凍しておけばすぐに使うことができますし、彩りが良いので見た目もきれいになります。ブロッコリーは火が通りやすいのですぐにやわらかくすることができ、調理時間を短く抑えることができます。
魚であればしらすが便利です。しらすは塩分が多いので塩抜きをしてから使いますが、やわらかいのですり潰しやすいですし、焼いたり煮たりしなくても使えるので便利に使用できます。
また、フルーツではバナナが代表的です。バナナは甘くて赤ちゃんも食べやすい味です。冷凍してからすり潰した時とそのまま潰したときとではなめらかさに違いがありますので、離乳食の進み具合に合わせてちょうどいい状態を作りやすい食材です。

 離乳食のおすすめ食材 :離乳食のレシピで大切なこと



離乳食のレシピで大切なことは、いかに手間なく作れるかということです。大人の食事とは別に離乳食を一から作るというのは大変な手間がかかります。
そこで、大人の食事作りの合間に、赤ちゃんが食べられそうな食材を取り分けて潰したり出汁でのばしたりして作るというのが良いでしょう。
例えば、味噌汁の具を味噌を溶く前に取り分けておいたり、煮物の味付けをする前に具を取り分けておくという具合です。
赤ちゃんは大人と同じ味付けのものはまだ食べられませんので、味付けをする前に取り分けるようにします。素材そのものの味を味わうようにするのが基本で、あとは出汁を利用してかたさを調節したりします。
一生懸命作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれた時には嬉しいものです。逆にどうしても食べてくれない時には悩むこともあります。
離乳食作りは大変ですが、冷凍や取り分けを利用して上手に手抜きをしながら赤ちゃんが食べられるものを増やしていってあげましょう。

【離乳食】

育児疲れにならないための 赤ちゃんの離乳食・おむつ・入浴 のポイントは?

執筆:南部 洋子(看護師、助産師、タッチケア公認講師) ここでは、 赤ちゃんの離乳食・おむつ・入浴 について、ほどほどの努力で上手くやっていく方法を考えていきます。 赤ちゃんが生まれてわが家に来ると、...

2015/09/30 09:23掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

関連サイト

離乳食量

離乳食の量、固さは、どれ位が目安になるのか知っておきたいところです。当サイトでは、離乳開始から完了までの期間、離乳食の量や固さはどうあるべきか説明します。