温泉

Mocosuku(もこすく)
  • 温泉

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

温泉の効能から楽しみ方まで

日本人なら大好きな温泉。 温泉の効能 について、改めてその魅力を再認識しましょう。

 

温泉の効能 を改めて文字にしてみると…

温泉に行くことの効能は、簡単にいうと以下のようなものがあげられます。
(1)薬理作用
「肌がすべすべになる」「冷え性に効く」などなど、温泉の泉質がもたらしてくれる作用。
(2)物理的な作用
温熱効果による血行促進効果や、水圧によるマッサージ効果などが期待できます。
(3)転地作用
「いつもとは違う場所に行く」ということが心理的にリフレッシュ効果をもたらします。

 

泉質によって 温泉の効能 は違ってくる

なかでも注目したいのはやっぱり「(1)薬理作用」ですよね。温泉といえば美肌効果を期待したいところですが、実は 温泉の効能 は泉質によって違うって知っていましたか?ざっくりいうと、アルカリ性になるほど肌をきれいにしてなめらかにする効果は高いのですが、逆に「酸性になるほど肌を活性化する効果が高い」のです。ちなみに「PH値6~7.5」は「中性」で、「PH値6未満」なら「酸性」、「PH値7.5以上」なら「アルカリ性」。温泉に行くときはぜひお風呂場にある温泉分析書で、自分が入る温泉の泉質をチェックしてみましょう。

 

めぐりをよくして体の中からきれいにする 温泉の効能

温泉に入ると、体がほかほかしてコリがほぐれたような気がしますね。それは「(2)物理的な作用」によるものです。温められた体にマッサージ効果が加わると血流がとてもよくなりますから、体の中の老廃物をきれいに排出することができ、デトックス効果も期待できるというわけです。

 

「気分転換」って実はとっても重要

意外に見逃されがちなのが「(3)転地作用の効果」。ただの気分転換といってしまえばそれまでですが、実は気分転換の効果は意外に大きいんです。それまで抱えていたトラブルが一挙に解決する!というわけではもちろんありませんが、気分が明るくなることで物事への見方が変わり、それによって問題解決が、よりスムーズになることもあります。温泉とはちょっと違いますが、日本では平安時代から「方違え(かたたがえ)」といって、凶方位を避けて別宅に行ったり、知人の家で夜を過ごしたりする風習がありました。日本人は古くから、「転地作用の効果」をうまく利用していたのですね。

 

「いちいち感想を言ってみる」のがポイント

せっかくお金と時間をかけて温泉に行くのですから、ただ食べて寝てくるだけではもったいない。駅を降りたら「空気が気持ちいいね」、お湯につかったら「ああ、気持ちいいね」などなど、そのとき見たもの、感じたことをいちいち口に出して言ってみましょう。もちろん心の中でつぶやくだけでもOKです。体で感じた感覚をその都度再認識することで、温泉がもたらしてくれる作用をより効果的に、そしてより楽しく体感できます。

【温泉】

じつはスゴイ「足湯の効果」を詳しく紹介

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ ここ数年、足湯が人気です。この頃では、高速道路のサービスエリアや道の駅などでも見かける機会が増えてきました。 この足湯、健康面では何か...

2017/03/11 18:30掲載

「なぜ温泉は身体に良いのか」を徹底解説

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 温泉大国である日本。 日本各地にはさまざまな温泉があり、その効果もさまざまです。 「温泉=身体にいい」というイメージをもつ人がほとんどだと思いますが、なぜ温泉は身体...

2016/10/29 12:00掲載

知ればすぐ行きたくなる、温泉・10の泉質と効能

執筆:井上愛子(保健師) 監修:坂本忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 温泉好きで知られる日本人。ある調査では、回答者のおよそ8割が「温泉好き」と答えたそうです。 ま...

2016/03/03 18:30掲載

入浴中の急死 に注意!

ホイットニー・ヒューストンさんの娘のブラウンさんが、浴室で亡くなられたと悲報が届きました。 ブラウンさんの死に関して、事件なのか事故なのかはっきりしていませんが、実際、日本では想像以上に多くの人が浴室...

2015/07/28 18:02掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

「うつ病」と間違えやすい、べつの病気

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ うつ病の基本症状である「抑うつ症状」。 いわゆる気分が落ち込んでしまう状態が続くことですが、この抑うつ状態はうつ病だけでなく、ほ...

一度開封したペットボトルの飲み物、何日までなら大丈夫?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 持ち運びに便利なペットボトル飲料。 開封してすぐに飲みきることができないこともありますよね?...

「睡眠時無呼吸症候群」は寝ている時、どれくらい呼吸が止まる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。 たびたびニュースなどで取り上げられているため、名前を聞いたことがある方も多いでしょ...

冷蔵庫に入れるべき?入れない方がいい? 野菜、果物、調味料

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) これから夏場にかけては、食中毒が気になる時期ですね。 冷蔵庫は食品を一定の温度に保管できますが、実は“冷蔵庫にいれない方がいい”食品もあることはあまり知られていません。...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

本当に正しい? 妊娠・出産にまつわる「都市伝説」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 妊娠・出産を考え始めると、いろいろなところでさまざまな情報を見たり聞いたりすると思います。 信憑性が薄いものから含蓄...