母乳

Mocosuku(もこすく)
  • 母乳

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

母乳について知っておきたいこと



赤ちゃんのために、 母乳とミルク のそれぞれのメリットを知っておくことは大切なことです。そこで、今回は 母乳とミルク 、それぞれにどのようなよさがあるのかをご紹介します。

 母乳とミルク :母乳は赤ちゃんにとって最適



赤ちゃんにとって、一番いい栄養は母乳です。お産のあと2~3日間でる母乳を初乳といいますが、初乳には産まれたばかりの赤ちゃんに最適な栄養があるばかりでなく、赤ちゃんを病気から守ってくれる成分(ラクトフェリンが代表的)が多く含まれています。必ず吸わせるようにしましょう。初乳は1週間ぐらいすると、次第に普通の母乳の成分に変わっていきます。

 母乳とミルク :母乳をよくだすためには



あせらずに根気よく吸わせてみましょう。母乳の出が良くないときは、赤ちゃんに乳房をたびたび吸わせるようにすると、その刺激が脳にいって、母乳をだすホルモンの分泌が活発になります。
栄養と水分が不足しないようにしましょう。母乳をつくるもとになるのは、お母さんが摂取した栄養分です。偏食にならないように気をつけることも大切です。

 母乳とミルク :混合栄養



明らかに母乳が不足しているときは、混合栄養(母乳の他にミルクを加えて、乳児の栄養を補う)にしますが、乳房がたびたび刺激されるように、まず、母乳を与えてからミルクを飲ませるようにしましょう。 母乳が毎回は出ないようなときには、母乳とミルクを1回おきに飲ませます。
わかりやすい例はこちら

 母乳とミルク :ミルクの作り方



・ミルクを作る前には、手を洗い、器具は消毒して使いましょう。
・付属の専用スプーンで正確にはかりましょう。
・調乳時はやけどに気をつけましょう。
・調乳後はミルクを充分に冷まし、必ず飲み頃の温度であることを確かめてから、飲ませてあげてください。(哺乳びんの外側が冷めていても、ミルクは熱い場合があります)
・1回ごとに調乳して飲ませてあげてください。作りおきや飲み残しは与えないでください。

もっと詳しい作り方はこちら
森永のミルクについて
森永乳業では、赤ちゃんの体質にあわせて2種類の育児用ミルク「はぐくみ」と「E赤ちゃん」をご用意しています。森永乳業の育児用ミルクは、最新の母乳研究から、栄養成分の量とバランスを母乳に近づけています。

記事協力:森永乳業株式会社
妊娠・育児情報ホームページ「はぐくみ」 http://www.hagukumi.ne.jp/

【母乳】

授乳中には考えておきたい 卒乳のタイミング

モデルの蛯原友里さんの双子の妹で、チャイルドボディセラピストの蛯原英里さん(36歳)が自身のブログで、 卒乳のタイミング に悩んでいることを報告しました。英里さんは2014年8月に第1子を出産していま...

2015/10/30 14:31掲載

飲食したものってどこまで影響するの? 母乳の影響とは?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(産婦人科医) 母乳はお母さんの体の中で作られる「生もの」であるため、成分が一定の粉ミルクと違って、自分が食べたものが母乳の成分や味に影響するのではないかなど...

2015/10/16 16:08掲載

ネットの「 母乳売買 」は危険?薬の副作用で母乳が出る人も…

ネットの 母乳売買 ははたして安全なのでしょうか? ネット上に1パック50mlあたり5000円で販売されていた「新鮮な母乳」が偽物である可能性が高いとし、話題になりました。7月3日の毎日新聞の情報によ...

2015/07/03 17:14掲載

スポンサーリンク

家族と暮らし

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...