アレルギー

Mocosuku(もこすく)
  • アレルギー

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

アレルギーについて注意しておきたいこととは

アレルギーとは免疫のシステムが過剰に反応した結果起こるものです。 アレルギー反応が原因の病気にはアナフィラキシー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、薬物アレルギー、 食物アレルギー などがあります。  

大人の 食物アレルギー

成人の 食物アレルギー は、食生活が西欧化し、たんぱく質の過剰摂取によって、体の分解能力を越えたたんぱく質が胃や腸で細かく分解されないまま体内に吸収され、アレルゲンとなることで起こることが多い、と言われていますが、そばや小麦などに反応する人もみられます。  

食物アレルギー の原因

アレルギーの原因となる食べもので多いのは、卵、乳製品、小麦、魚介類などで、成長とともに、卵、乳製品、などは耐性を獲得して食べられるようになるのが特徴的です。  

子どもの 食物アレルギー

小児のアレルギーとして多いのもやはり食物によるものです。アレルギー素質のある子は、年齢に応じてさまざまな症状を訴えることがあるので、気になったら一度医師にみてもらいましょう。   最近は専門的にアレルギー外来を設けている病院やクリニックもあります。

【アレルギー】

日本でも増えてきた「タトゥー」。 健康への影響はある?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 欧米ではファッションの一部として定着しているイメージがあるタトゥー。 日本でも、ファッション感覚で取り入れられることが増えてきま...

2017/10/17 18:30掲載

大人になっても急に「食物アレルギー」になる?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 食べ物が原因で免疫システムに異常をきたし、さまざまな症状をもたらすものを「食物アレルギー」といいます。 子どものときになるものと思われが...

2017/09/21 18:30掲載

ジメジメ湿気の梅雨時は、長引く咳(せき)に要注意!

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 気象庁の発表によると、2017年は6月7日に四国地方から関東地方が一斉に梅雨入りしました。 この季節は真夏のような暑さの翌朝には、朝から雨がシトシト降って肌寒い、と...

2017/06/26 18:30掲載

通常のアレルゲンと違う「仮性アレルゲン」をご存じですか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ とろろイモを食べたら口の周りがかゆくなったり、トマトの汁で皮膚が赤くなったり、古くなったサバを食べたらジンマシンが出たなど、まるでアレル...

2017/05/23 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...