骨粗しょう症

Mocosuku(もこすく)
  • 骨粗しょう症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

骨粗しょう症について知っておきたいこと



骨粗しょう症の原因と予防方法 についてみていきましょう。 そもそも骨粗しょう症とは、骨の質の低下と密度の減少によって骨がもろくなった状態で、若いからといって油断できるものではありません。なぜこれが女性に多いかというと、そのおもな理由は女性ホルモンである「エストロゲン」に関係があるのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :エストロゲンの役割とは?



女性の体はエストロゲンに大きく影響を受けますが、このエストロゲンは骨を作るときに必要なビタミンDの形成や腸からのカルシウム吸収といった役割も担うため、更年期になってこのホルモンの分泌量が低下すると骨代謝にも狂いが出て骨がもろくなってしまうのです。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :若い女性に起こる原因とは?



女性の中にはダイエットに励む人も少なくありませんが、食事制限をするタイプのダイエットをしていると、どうしても栄養がアンバランスになってカルシウムの摂取不足になってしまいます。また近年若い女性にも骨密度の低下が見られる背景としては、ファストフードやインスタント食品などのジャンクフードによる栄養不足、不規則な生活やストレスによる女性ホルモンバランスの崩れ、運動不足や睡眠不足といった点が指摘されています。

  骨粗しょう症の原因と予防方法 :予防できることはある?



カルシウムを意識して摂取するのは勿論、体がカルシウムをきちんと吸収するようにビタミンDやビタミンK、マグネシウムも同時に摂取しましょう。若い女性は特に美白を意識して日光を避けがちですが、ビタミンDは日光によって体内で生成されるため、適度な日光浴も必要です。 また、女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンの摂取もおすすめです。逆にタンパク質やナトリウム、リンの取りすぎはカルシウムの吸収を妨げるので注意しましょう。アルコールやタバコも骨密度を低くする要因になります。

【骨粗しょう症】

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...