Mocosuku(もこすく)
  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

咳の原因と対策について説明します。

咳とは、ウイルス等の病原菌、食べ物、ほこりなどの異物から、肺、気管、気管支を守るための防御反応です。 咳には、痰 を出す機能もあります。 気道の粘膜は、線毛と粘液により守っています。当カテゴリーでは、咳の原因、症状と対策について説明します。

【咳】

「ぜんそく」の発作が秋に起きやすい理由

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 気管が狭くなることで、呼吸がしにくくなる「ぜんそく」。 秋は特にこのぜんそくの発作が起きやすくなるといわれています。 なぜ、秋はぜんそくが起きやすい...

2016/10/14 12:00掲載

喉の腫れ はどうして起きるの?原因や対処法は?

喉の腫れ はなぜ起こるのでしょうか? 喉が腫れている場合は、喉に炎症が起きていることが多いものですが、全身的な病気でも喉に腫れが起きる場合があります。ここでは、その原因や対処法、予防法などをみていきま...

2016/02/25 04:18掲載

苦しい咳…知っておきたい喘息の症状と薬の副作用

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:坂本 忍(医学博士) 喘息の症状、治療に用いられる薬の副作用について確認しておきましょう。 喘息の症状とは? 成人の喘息は、完全に治癒していなくても、症...

2015/08/09 09:12掲載

女性に多い咳ぜんそく …放置すると重症化の危険

女性に多い咳ぜんそく にはどのように対処したらよいのでしょうか。夜になると咳(せき)が出て、なかなか寝付けない……。風邪が治ったはずなのに、咳はいっこうに止まらない……。 そんな症状が長く続いたら、そ...

2015/07/29 15:23掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

関連サイト

咳を止める方法

咳を止める方法をご存知ですか?平熱に戻ったのにいつまでも咳が出る…という経験をした人は多いと思います。当サイトでは咳を止める方法について説明します。

咳止まらない

咳が止まらない場合、他の病気のサインかもしれませんので、注意が必要です。当サイトでは、咳が止まらない原因、対策等について説明します。

咳止め薬

咳止めの薬を使った事はありますか?仕事等で忙しく市販薬で済ませてしまう場合もあると思います。当サイトでは、咳止め薬について、注意すべきポイント等について説明します。

喘息薬

喘息の薬には、発作を鎮めるもの、発作が起こらないように服用するものの二種類あり、形状も様々です。当サイトでは、喘息の薬について説明します。