生活習慣病

Mocosuku(もこすく)
  • 生活習慣病

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

あなたは大丈夫?生活習慣病についてご紹介



ここでは 生活習慣病の原因と症状 について簡単に解説します。 かつて「成人病」と呼ばれていた生活習慣病。現在では、その原因が加齢だけでなく不健康な生活習慣の積み重ねによって引き起こされていること、また子供であっても発症し得るものであることから、「生活習慣病」に改名されました。

 生活習慣病の原因と症状 :生活習慣病とは?



生活習慣病とは、糖尿病、癌、痛風、動脈硬化、高血圧、脳卒中、さらには肥満、骨粗鬆症、そして脂肪肝などが挙げられます。厚生労働省の「平成23年人口動態統計」によると、がん、心疾患、脳血管疾患など、これら生活習慣病による死亡率は日本人の全死亡原因の約60%を占めているといわれています。
生活習慣病の原因はその名の通り生活習慣にあり、それを改善することで予防することが可能です。食習慣・喫煙・過度の飲酒・ストレス・運動不足は生活習慣病の5大原因とみなされており、とくに食習慣は最も大きな要因となっています。
日本の高度経済成長期に急激に食習慣が欧米化し、それまでの野菜や魚介、穀物を中心とした和食から肉類、乳製品など動物性脂肪の多い食事になったことで肥満が増え、癌や糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が増加したのです。
さらに運動不足によって肥満に拍車がかかりますし、ストレスによって血圧や血糖値が上昇、免疫力が低下してがんや感染症にかかりやすくなったといわれています。

 生活習慣病の原因と症状 :生活習慣病は自覚症状がない?



高血圧や糖尿病、肝臓病などは自覚症状に乏しく、気が付かないまま放っておいたために、心疾患や脳卒中といった危険な疾患を引き起こし、重篤な事態になってしまうことが少なくありません。
まずは、自分の生活習慣を見直し、生活習慣病になりやすい生活スタイルになっていないかチェックしてみましょう。その上で、各疾患に見られる症状が自分に当てはまるかどうかを確認してみてください。

例えば、高血圧の場合、自覚症状として動悸やのぼせ、頭痛、イライラ、眩暈、肩・首の凝り、耳鳴り、手足の痺れなどが見られることがあります。
糖尿病の場合は喉の渇きや全身のだるさ、体重の減少、多尿、目のかすみ、皮膚の化膿やかゆみなどといった症状が見られます。
肝臓は70%が壊れるまで異常が見られない「沈黙の臓器」といわれていますが、疲れやだるさ、食欲不振、腹水、手掌紅班、顔が土色になるなどの症状が見られたなら病院で検査してもらいましょう。
また高脂血症、糖尿病、高血圧、内臓肥満の4つは合併して発症することが多いといわれています。それによって動脈硬化を引き起こし脳梗塞や心筋梗塞など起こしやすくなるため、これら4つのうち、2つ以上が該当する場合はとくに注意が必要です。

【生活習慣病】

糖尿病治療薬の安全性に関する臨床試験を実施…その結果とは?

糖尿病治療薬の安全性に関する臨床試験を実施…その結果とは?

取材:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:名古屋大学大学院医学系研究科教授 室原豊明 (循環器内科学) 米国糖尿病学会は、2型糖尿病治療薬に関する大規模臨床試験※1の結果を発表しました。これ受け...

2016/11/20 23:43掲載

よく聞く「プリン体」とか「尿酸値」ってなに?

よく聞く「プリン体」とか「尿酸値」ってなに?

執筆:松本 たお(正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者) 健康診断などで結果が気になる項目のひとつとして「尿酸値」が挙げられると思います。 尿酸値が高くなりすぎると、痛風の原因となること...

2016/11/05 12:00掲載

ビールをやめれば「ビール腹」にはならない?

ビールをやめれば「ビール腹」にはならない?

執筆:井上 愛子(保健師) 「ビール腹」という言葉があります。 でもなぜ「ビール腹」なのでしょう、「ワイン腹」や「焼酎腹」「日本酒腹」とはいわないのか、気になったことはありませんか? ビールをやめれば...

2016/10/23 18:30掲載

“食べ過ぎ・飲み過ぎ”をしちゃったら。翌日の対処法はコレ

“食べ過ぎ・飲み過ぎ”をしちゃったら。翌日の対処法はコレ

執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 日常生活を送っているれば誰しも、楽しいことばかりでなく、辛...

2016/07/15 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

関連サイト

LDLコレステロール高い

LDLコレステロール高い

LDLコレステロールとは、俗に言う「悪玉」と言われるもので、体内に増えてしまうと、健康に大きな影響を与えます。当サイトでは、LDLコレステロールについて説明します。

コレステロール下げる

コレステロール下げる

コレステロールを下げることは、動脈硬化、脂質異常症の予防のために重要です。当サイトでは、コレステロールを下げる方法について説明します。

中性脂肪下げる

中性脂肪下げる

中性脂肪を下げることは、動脈硬化による狭心症、心筋梗塞、脳卒中を防ぐために重要です。当サイトでは、中性脂肪を下げる方法について説明します。

中性脂肪高い

中性脂肪高い

中性脂肪が高い…という話をよく聞きますが、基準値はどのように決まるのでしょうか?当サイトでは、中性脂肪が高い、低いを決める基準と改善策について説明します。

尿検査蛋白

尿検査蛋白

尿検査で蛋白を検知した時、どう理解すればいいのでしょうか?特に、尿蛋白プラスマイナスの場合は?当サイトでは、尿検査で蛋白を検知された時の考え方、取るべきアクションについて説明します。