口臭

Mocosuku(もこすく)
  • 口臭

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

気になる口臭の原因、予防など



改めて、 口臭の原因と対策 方法を改めておさらいしましょう。 以前放送されたアメトークでは、お笑い芸人の宮迫博之さんに「口が臭いっ!」といわれて出川哲郎さんがショックを受けてましたね…。 そう、口臭とは、自分で気づいていなくても人に迷惑をかけてしまう厄介なトラブル。食べ物にも気をつけてきちんと歯みがきもしてるのにどうして…?と、出川に限らず思っている人も少なくないはずです。ところが! 口臭の原因は食べ物や歯のトラブルだけではありません。

 口臭の原因と対策 :原因1「おいしいけどクサい、おなじみの食べ物」



口臭の原因として誰もが思い浮かべるのは、ニンニクやネギ、ニラといった「ニオイの強い食べ物」。ほかにもアルコールも口臭の原因になります。 これらのものが一度体内に取り込まれると、臭いの成分が血液を介して肺から吐き出され、結果として息が臭くなってしまうことがあります。歯みがきをしても完全に無臭というわけにはいきません。 この場合の対策としては、ある程度時間がたって元に戻るまでガマンするしかないでしょう。

 口臭の原因と対策 :原因2「歯周病はもちろん、唾液の量も問題だった!」



「歯周病」も口臭の原因としてよく知られています。 歯周病を引き起こす細菌は、ニオイの原因になる物質を作り出す性質があるので、歯周病の症状が進めば進むほど口が臭うようになるのです。 また、加齢や体調の変化によって唾液が少なくなることも口臭を悪化させてしまう原因のひとつ。唾液が少ないと、臭いのもとになる細菌がより増殖しやすくなるからです。 この場合の対策としていちばん手っ取り早いのは、とにかく一刻も早く歯医者さんに行くこと。歯周病はもちろん「唾液が少なくなる」という症状に対しても、最近の歯医者さんは気軽に相談に乗ってくれます。

 口臭の原因と対策 :原因3「消化器官のトラブルがニオイを引き起こす」



意外かもしれませんが、胃などの消化器官のトラブルが口臭を引き起こすこともあります。 胃や十二指腸潰瘍がうまく働かないと、中の食べ物が発酵して臭いを放つようになるのです。「口のなかが乾いているわけでもないし、歯周病でもないのに口臭が気になる」という人は、もしかしたら内臓に何かトラブルがあるのかもしれません。 心当たりがある場合は内科のドクターに一度相談してみましょう。思わぬ病気が見つかるかもしれません。

 口臭の原因と対策 :原因4「舌にコケが生えるとクサくなるって本当!?」



人によっては、舌につく苔(コケ)、専門用語でいうと「舌苔(ぜったい)」が口臭の原因になっていることがあります。 「舌にコケなんて生えるの!?」とびっくりする人もいるかもしれませんが、正確にいうと舌苔(ぜったい)は苔ではありません。細菌や粘膜のカス、食べカスが白くこびりついたような状態のことです。 舌苔がたまるとそのなかに細菌が繁殖して、臭いの原因になる物質を作り出します。 舌の形状によっては特に舌苔が貯まりやすい人がいるので要注意。「べ~っ」と下を大きく出してみて、特に奥のほうに白いものが溜まっているという人は、一度「口臭外来」を併設している歯科医院に行ってみるといいでしょう。舌苔を取り除くだけでなく、その後のケアについてもきちんと指導してくれます。 「口臭外来」を掲げている歯医者さんはどこにでもあるわけではありませんが、最近はどんどん増えてきています。インターネットで検索すれば、通いやすい場所に必ず見つかるはずです。

【口臭】

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

2017/03/08 21:30掲載

舌のザラザラ「舌苔」は口臭の原因に! 正しいケアは?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 舌を「ベーッ」と出したとき、舌の上に白いものがたまっていることはありませんか? これを、医学的には「舌苔(ぜったい)」といいます。 字を...

2017/03/06 21:30掲載

「親知らず」はなぜ生える? そしてなぜ抜くの?

執筆:南部 洋子(看護師、助産師) 医療監修:石川 毅(アイデンタルオフィス恵比寿・院長) 大人になって「親知らず」が生えてきて、痛い思いをして抜いた人も多いでしょう。 そもそも、この親知らずはなぜ生...

2016/12/13 21:30掲載

身体の健康はお口から。舌ブラシを上手に使おう

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) 普段ご自分の舌をチェックしてみたことはありますか? 舌に汚れが溜まっていると、口臭の原因になることもあります。 近頃はお口のケア用品として「舌ブラシ」が販売されてい...

2016/12/10 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

「年をとると、筋肉痛は遅れてやってくる」というのは本当?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 久しぶりに運動をしたり、激しい運動・筋力トレーニングをすると、やってくるのが筋肉痛。 巷では、「筋肉痛が早くくるのは若い証拠」な...

原因不明のつらい症状…「不定愁訴」にどう対策する?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「不定愁訴」とは、原因が特定できないけれど、何らかの症状で苦しんだり悩んだりしている場合をいいます。 さまざまな身体症状を訴えるものの、...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...