腰痛

Mocosuku(もこすく)
  • 腰痛

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

多くの人が悩んでいる腰痛について

腰痛の注意点 を確認しておきましょう。 二足歩行で生きていれば当たり前、というほど経験することの多い腰痛。実際に腰痛を抱えながら生活している人はたくさんいます。厚生労働省による国民生活基礎調査によると、病気やケガなどによって、何か自覚症状がある人のうち、男性は「腰痛」が第1位。女性も肩こりに次いで、腰痛は多い症状です。男性だと人口千人に対し89.1人、女性では117.6人が「腰痛もち」で悩まされています。腰痛のため外来に通院する人の数は、高血圧に次いで多いそうです。

腰痛とはなにか?

腰痛はそれ自体が病気ではなく、腰に痛みを感じる症状のことをさします。腰痛は、人間の姿勢、とくに背骨のつくりに大きく関係しています。脊椎(せきつい)は、首から腰にかけて、頸椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)・腰椎(ようつい)・仙椎(せんつい)・尾椎(びつい)と呼ばれる小さな骨が、だるま落としのように連なっています。 人間は二足歩行のため、このだるま落としのような不安定なつくりに支えられ、バランスをとって生活しています。面積の小さい脊椎が重力に耐えられるよう、筋肉・靭帯(じんたい)・骨の連なり方(S字カーブ)・クッション材となる椎間板(ついかんばん)などが複雑に関わっています。どこに原因があるかによって痛みの種類もさまざまです。 原因が特定できる腰痛(特異的腰痛)と、原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)があります。ほとんどの腰痛が、レントゲンやMRIなどの画像診断を用いても、検査結果から原因がわからない非特異的腰痛といわれています。わずかに15%程度が特異的腰痛です。

腰痛の注意点 :見過ごしてはいけない腰痛

特異的腰痛には、生命に関わる大きな病気が原因となっていることがあります。先日放映されたドラマ『ドクターX』で、スーパーモデルが撮影中に、ズキズキッ!と腰の痛みに手を当てるシーンがありました。病名は「脊椎腫瘍(せきついしゅよう)」でした。これは「背骨にできるがん」です。10万人に1~2人と珍しい病気で、その多くは、もともと別のがんから転移した、転移性腫瘍です。 腰痛として現れる病気には、このように珍しいものばかりではありません。生活習慣病と関わりの深い「大動脈解離(だいどうみゃくかいり)」など、腰痛だと思って放置していると生命に係わる、重大な病気の場合もあります。

腰痛に隠れた重篤な病気を見逃さないために

ただの腰痛と思っていたいのに、生命に関わる病気が隠れているなんて言われると、不安になるかもしれません。腰痛は原因が特定しづらく、ほとんどが、生命に関わるものではないのですが、だからといって重大な病気を見逃すわけにはいきません。

ちなみに、腰痛の診療に用いられるガイドラインでは、大きな病気を見逃さないためのチェック項目が定められています。ですから、疑わしいならキチンと検査をしましょう。重篤な病気でなければ、一安心なのですから。

【腰痛】

よく聞く「ヘルニア」とはどういう病気?

よく聞く「ヘルニア」とはどういう病気?

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 腰痛を代表する病気として知られる「ヘルニア」。 名前はよく聞く、という方は多いかもしれません。 今回は、ヘルニアとはどんな病気について、その原因やメカニズム、さらに対...

2016/12/11 18:30掲載

慢性的な腰痛には「腰痛日記」がオススメ

慢性的な腰痛には「腰痛日記」がオススメ

執筆:Mocosuku編集部 監修:樋口 二三男(医学博士・整形外科医・とらうべ顧問産業医) 慢性的な腰痛はつらいですよね。 いつも何となく腰が痛い、繰り返し腰痛を起こす⋯⋯。慢性的な腰痛に苦しむ人は...

2016/11/25 21:30掲載

肩や腰がツライ…  マッサージ行く?温泉行く?

肩や腰がツライ… マッサージ行く?温泉行く?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 「いつも肩や腰が痛い…」というように、慢性的な肩こりや腰痛に悩んでいる方は多いはず。 そういう時、あなたはどのような対策をしているでしょうか。 マッサージに行きます...

2016/11/03 12:00掲載

「腰痛」で悩んでいたら… 今すぐ確認・4つのNG習慣

「腰痛」で悩んでいたら… 今すぐ確認・4つのNG習慣

執筆:Mocosuku編集部 監修:樋口 二三男(整形外科医、東京医科歯科大学整形外科理事、日本医師会認定産業医) 腰痛は現代病のひとつだと言われています。 加齢や姿勢の悪さといった本来の原因に加えて...

2016/10/27 12:00掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

関連サイト

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になったら…。思いもかけず、ぎっくり腰になった時には、どうしたらいいかわからない場合もあるでしょう?当サイトでは、そんな時のために、ぎっくり腰になったら行う処置等について説明します。

ぎっくり腰原因

ぎっくり腰原因

ぎっくり腰の原因って何でしょうか?当サイトでは、ぎっくり腰の原因や普段気をつけることについて、説明します。

ぎっくり腰治し方

ぎっくり腰治し方

ぎっくり腰の治し方については、普段ぎっくり腰になる事は想定していないので、ご存知ない方も多いと思います。当サイトでは、ぎっくり腰の治し方について説明します。

ぎっくり腰症状

ぎっくり腰症状

ぎっくり腰の主な症状は、体を動かしたときに感じる痛みです。当サイトでは、ぎっくり腰の症状について詳しく説明します。

坐骨神経痛ストレッチ

坐骨神経痛ストレッチ

坐骨神経痛が軽度の場合、ストレッチが効果がある場合があります。当サイトでは、坐骨神経痛に効果のあるストレッチと留意点について説明します。