日焼け

Mocosuku(もこすく)
  • 日焼け

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

紫外線対策はコチラから!

5月は 日焼けの盲点 に注意が必要な季節です。実は1年のなかでもいちばん紫外線が強い季節だからです。紫外線の恐ろしさについてはここ数年広く知られるようになってきましたから、最近は「真夏じゃなくてもバッチリ紫外線対策してます!」という人も増えてきましたね。 でも、どんなにしっかり紫外線対策をしたつもりでも、身体のなかにはつい日焼けしてしまう場所があるのです。ここでは「うっかり日焼けに気をつけたい意外なパーツ」についてお話ししましょう。

日焼けの盲点 :日焼け止めは顔だけに塗っていませんか?

日焼けというと真っ先に気になるのは顔ですから、顔には日焼け止めやUV下地をしっかり塗っている人も多いと思います。ところが、意外に忘れられてしまうのが「首」と「デコルテ」。 首は、日傘やあごの影になることもあって上からの紫外線の影響は受けにくいのですが、地面の照り返しは確実に浴びてしまいます。「顔の年齢はごまかせても首の年齢はごまかせない」という説もあるくらいですから、首にもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。シワが目立ってきてから日焼け止めを塗り始めても間に合いませんよ。 そしてデコルテも、日焼け止めを塗り忘れやすいところ。特に夏は大きく開いたトップスを着る機会も多いので、よけい日焼けしやすくなります。体質にもよりますが、35歳を過ぎたころから突然デコルテに大きなシミができ始めた…という人も少なくないのです。

年齢がモロに出る「手の甲」も要注意

「手の甲」も毎日の日焼けに気をつけたいパーツのひとつ。最近はおしゃれなアームカバーも増えてきましたが、それでも友達との外出や通勤に使うのは恥ずかしい…という人もきっと多いですよね。そういう場合はこまめに手の甲に日焼け止めを塗るしかありません。手はただでさえ洗ったり拭いたり機会が多いパーツ。バッグのなかに日焼け止めを入れておいて、チョコチョコ塗り直すようにしましょう。 もしくは、「指穴つき」の夏用カーディガン・カットソーなどを活用するのもいいでしょう。手の甲をすっぽり覆って、日常レベルの紫外線を防いでくれます。「夏に長袖を着る」ということに慣れていない人は違和感があるかもしれませんが、この手のタイプの上着はとてもサラッとしていて日差しの直射を防いでくれるので、むしろ快適に過ごせます。

アウトドアで特に気をつけたいのは…

バーベキューやゴルフ、テニスなど、アウトドアでの活動は当然日焼けしやすいですよね。顔や手足はしっかり紫外線対策する人が少なくないかもしれませんが、意外に忘れやすいのが「うなじ」と「頭皮」です。 人はまぶしい日差しに背を向けることが多いので、背面は特に日焼けしやすくなります。そのなかでも特に焼けやすいのがうなじ。ひどい場合は「気づかないうちにひどい日焼けして水ぶくれになってしまった」というケースもあるほどです。こまめに日焼け止めを塗りましょう。 そして頭皮。ショートカットの人はそれほど心配する必要はありませんが、分け目のハッキリした髪型をしていたり、髪が少なかったりする人は要注意。頭皮は日焼けをすると皮がむけてしまい、3~4日もすると一見フケだらけの頭になってしまいます。 …ということで、アウトドアの活動はいうまでもなく帽子がマスト。バイザーや野球帽タイプの帽子ではなく、周囲にぐるっとツバのある帽子がベストです。

家にいても紫外線対策は抜かりなく

「うっかり日焼け」といえば、忘れてはいけないことがもうひとつ。それは「家のなかでの日焼け」です。たとえ屋外でなくても「日の当たる窓辺」には約80%、「日の当たらない室内」には最低約10%の紫外線があるといわれています。 「今日は休みだから一歩も外に出ない」なんていう日でも、せめて顔と首だけは紫外線対策をしましょう。ジェルタイプの日焼け止めなら、肌に負担をかけず快適に使えます。

<執筆者プロフィール>
鳥越みほ(とりごえみほ)
フリーエディター/ライター。早稲田大学卒業後、総合出版社を経て独立。恋愛・結婚や美容など、女性のライフスタイルについての原稿を数多く執筆している。

【日焼け】

紫外線対策、準備はできていますか?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 桜前線も東北から北海道へ移動し、日本全体が本格的に春となる時期ですね。 どんどん日差しが強くなってくる今の時期だからこそ、注意したいのが「紫外線」。...

2017/04/30 18:30掲載

夏より深刻!? 雪山での日差しは「雪焼け」「雪目」に注意

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:岡本 良平(医師・東京医科歯科大学名誉教授) ウィンタースポーツを存分に楽しめる季節になりましたね。 そこで気を付けたいのが「雪焼け」。夏...

2016/12/22 21:30掲載

秋こそ紫外線対策を!

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 行楽の秋が到来! 日差しも和らぎ、気温も落ち着いてきたこの季節。どこかへお出かけしたくなりますよね。 しかし、実は「秋こそ紫外線に注意」だって、知っ...

2016/10/09 18:30掲載

甘く見てない?春こそ紫外線対策を

執筆:中村 愛子(ヘルスケアライター) 「UVケアは夏にするもの」と思っていませんか? 紫外線は春から増えはじめるので油断は禁物。早速、紫外線対策を見直してみましょう。 紫外線は春先から増えはじめる!...

2016/04/20 12:00掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...