発達障害

Mocosuku(もこすく)
  • 発達障害

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

発達障害について正しく理解しよう



最近、何かと話題になりがちな子どもの発達障害ですが、一口に発達障害といっても、 発達障害の種類 はいくつかあります。
何だかとてつもなくやっかいなもの、というイメージがありますが、実は偉大な業績を残した人々のなかには、発達障害である人が少なくありません。 そういった話も含めて、今日は「発達障害についての基本的なお話」をしたいと思います。

 発達障害の種類 :「発達障害」という名前はいくつかの障害の総称



「発達障害」は、実はひとつの病気のことを指しているわけではありません。国で定められている「発達障害者支援法」によると、発達障害の定義は以下のよう なものです。「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通 常低年齢において発現するもの」。
って、ちょっとわかりにくいですよね。ざっくりいうと、「比較的低い年齢に現れる、行動やコミュニケーションなどに関する障害をまとめて発達障害と呼んでいる」といえばわかりやすいでしょうか。

 発達障害の種類 :いろいろな障害を含む「広汎性発達障害」



発達障害のなかでも、さらにいくつかのものをまとめて「広汎性(こうはんせい)発達障害」と呼んでいます。よく耳にするアスペルガー症候群や自閉症はこの障害の一種です。 この病気が疑われる病状の一部には、一部ですが次のようなものがあります。

・視線が合わない
・指さしをしない
・遊び相手に興味を示さず、ひとり遊びにふけりやすい
・突然泣き出したり、笑い出したりする
・物の一部、ある行動、順序などに異常にこだわる
などなど

症状の程度はいろいろ。ごく軽く社会生活に支障がない状態から、残念ながら人によっては大人になってからもケアが必要な状態まであります。 ちなみに、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズなど、「あの人はアスペルガー症候群だ」といわれている有名人はけっこういますが、その噂はほとんど実証のないものがほとんどです。
いっぽう、女優のダリル・ハンナや日本人作家の市川拓司さんは、広汎性発達障害であることをカミングアウトしています。

 発達障害の種類 :不注意の徴候が現れる「注意欠陥・多動性障害」



上にあげたような症状に対して、注意力や集中力が続かず、極端にそわそわして落ち着きがない場合は、「注意欠陥・多動性障害」と診断されることもあります。 代表的な症状としては、一例として次のようなものです。

【不注意の徴候】 ・物事に集中できない ・話しかけられても聞いていないように見える ・指示に従えず、いわれたことをやり遂げる事ができない ・外からの刺激で注意がそがれる

【多動の徴候】 ・座っていなければならないときに席を離れる ・よけに走り回ったり高いところに登ったりする ・じっとしていない ・手足をそわそわと動かす

【衝動性の徴候】 ・質問が終わるまえに答え始める ・順番を待てない ・他人を妨害する

などなど ここにあげたものがすべてではありませんが、4歳までにこのような症状が複数現れ、7歳を過ぎても改善されない場合は、専門家への相談が必要だともいわれています。

そのほかの 発達障害の種類



知的な発達の遅れはないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」などの能力のうち、特定のものだけができない障害のことを「学習障害」といいます。 3歳くらいに発見されることが多いようですが、軽い場合は小学校まで気づかれないこともあります。 また、脳の神経細胞が極度に興奮して意識がなくなる欠伸発作や、意識を失って全身が震える痙攣など、異常な行動を起こす発作を起こす病気は「てんかん」と呼ばれています。

人気俳優のトム・クルーズは、自身が学習障害であることを告白しています。脚本を読むことができなかった彼は、録音したセリフを繰り返し聞いて覚えたそう です。また、映画「マトリックス」や「ロード・オブ・ザ・リング」で有名な俳優、ヒューゴ・ウィーヴィングは13歳のときからてんかんと闘いながら仕事を 続けています。

(監修:日本神経学会専門医 ベスリクリニック院長 田中伸明先生)

【発達障害】

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

2017/01/07 18:30掲載

奇声をあげる子どもは発達障害!? 奇声の理由と見分け方 とは

「キャーッ!!」 駅やデパートの人ごみや、電車の中などで突然あがる子どもの奇声に対して、周囲には露骨に不快な表情をする大人の姿を見かけたこともあると思いますが、 奇声の理由と見分け方 をご存じですか?...

2015/06/04 13:31掲載

発達障害者とカサンドラ症候群 :発達障害者の周囲が経験する苦悩、カサンドラ症候群とは?

発達障害者とカサンドラ症候群 について知っていますか? ファッションモデルでタレントの栗原類さんが、発達障害のADD(注意欠如症)であることをカミングアウトしたことが話題となっています。 子供のころア...

2015/05/25 15:38掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

関連サイト

ADHD原因

ADHDの原因の全貌は未だ解明されていませんが、脳の働きに関係しているといわれています。当サイトでは、ADHDの原因について説明します。

ADHD有名人

ADHDを患いながら社会的に大きな成功をおさめた有名人は多数に上ります。ADHDの有名人達がどのように成果をあげていったのかについて説明します。

ADHD治療

ADHDの治療は、薬物療法とその他の治療方法を組み合わせておこなわれます。当サイトでは、ADHDの治療について説明をします。

ADHD特徴

ADHDの一つの特徴は、症状が、個人により異なる点、また取り巻く環境や日常のシーンによって異なる点です。当サイトでは、そんなADHDの特徴についてご説明します。

ADHD薬

ADHDの治療として薬物療法がありますが、一体どのような効果があるのでしょうか?またリスクや留意点は?当サイトでは、ADHDの薬について、様々な角度から取り上げます。