更年期

Mocosuku(もこすく)
  • 更年期

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

更年期の症状、検査・治療法について



今回は、 更年期にみられる症状 とその検査・治療法についてみてみましょう。閉経前後のおよそ10年間(多くの場合は45歳~55歳前後)を更年期といいます。この時期には、更年期特有の症状がいろいろとみられますが、日常生活に支障をきたすほどの場合はこれらを更年期障害とよび、何らかの治療が必要になります。

 更年期にみられる症状とは



自律神経の失調によるもの

・血管運動性神経症状=ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)、発汗、冷え
・睡眠障害
・動悸・息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛

精神的な症状

・精神不安定、憂うつ感
・意欲がわかない、能率の低下、記憶力の低下
・不安感、恐怖心

その他の症状

・運動器官の症状=関節痛、筋肉痛、関節痛、腰痛
・消化器官の症状=食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、腹痛
・女性器官の症状=腟の乾き、腟の萎縮、性交痛
・その他の症状=疲労感、喉が渇く、皮膚のかゆみ

など

 更年期にみられる症状 はどうして起こるのか?



女性は40歳を過ぎた頃から、卵巣の機能が低下し始めます。更年期に差しかかると、急激に卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に減少します。
エストロゲンは脳から分泌される、性腺刺激ホルモンの1つである卵胞刺激ホルモン(FSH)により、その分泌量が調整されています。しかし更年期になると、FSHがいくら卵巣に指令を出しても、卵巣からのエストロゲン分泌(=応答)が少なくなるため、脳には応答が届きません。
すると、FSHはさらに卵巣を刺激するため、脳からの指令と卵巣からの応答のバランスが崩れてしまいます。その結果として、自立神経の調整が乱れて様々な症状が現れます。それに加えて、個人をとりまく家庭や社会の環境の変化(心理社会的変化)などが複雑に関与して発症していると考えられます。

 更年期にみられる症状 の治療



更年期に見られる症状はその後一生続く、というものではありません。身体が「卵巣機能が著しく低下した状態、つまりエストロゲンが少ない状態」になれてくると、自然に治まると考えられています。
前述のような症状が本当に更年期障害であるかどうかは、血液ホルモン検査などで分かります。これはエストロゲンや、FSHの分泌量の確認をできるからです。FSHの量が多くエストロゲンが少ない場合で、日常生活に支障をきたすほどの更年期の症状がある場合、更年期障害であると診断されます。

更年期障害の治療にはいくつかありますが、代表的なものがホルモン補充療法(HRT)と向精神薬による治療です。
まず、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)や発汗などが中心となる自律神経失調症状が強い場合には、HRTが中心となります。具体的には内服薬やパッチ剤などによりエストロゲンを補充します。

更年期の症状が起こる原因は、ホルモンの低下によるものだけではありません。精神症状が強い場合は、カウンセリングや向精神病薬などが有効な場合もあります。また、いわゆる不定愁訴(さまざまな検査で異常値がでないのに多彩な症状を訴える場合)の場合には、漢方薬が処方されることもあります。 また、更年期障害と自分自身が思っている場合でも他の病気であることも少なくなく、これらは婦人科の先生に診断してもらう必要があります。とくに甲状腺機能亢進症・低下症はともに更年期障害と類似した症状が出ることが多いため、注意することが必要です。

 更年期にみられる症状 :ホルモン補充療法(HRT)を継続する際に知っておきたいこと



HRTを継続する際に気になるのは「乳がん」です。平均して5年以上HRTを行っている女性は、HRTを行っていない女性よりも乳がんリスクが高くなるという報告もあります。 この場合は比較的早期で発見される予後が良いタイプが多いのですが、それでも1.26倍のリスクがあります。
ただ、乳がんになるリスクには他にも「出産経験が無い(2.23倍)」、「乳がんになった家族がいる(2.10倍)」、「糖尿病に罹ったことがある(1.27倍)」というのもありますので、これらと比較するとHRTには確かにリスクはありますが、他のリスクよりは低いといえるでしょうしかしながら、HRTにあたっては定期的に検診を受け医師とよく相談しながら続けましょう。HRTで使用されるホルモン剤は通常、子宮をすでに摘出している女性の場合はエストロゲン製剤を単独で、子宮がある女性の場合はエストロゲンと黄体ホルモン製剤を併用します。これは、子宮がある女性がエストロゲンだけを補充していると、子宮体がんになるリスクが高くなるためです。
(取材協力:バイエル薬品株式会社)

【更年期】

この症状はもしかして…? 「更年期」について詳しく知ろう

この症状はもしかして…? 「更年期」について詳しく知ろう

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ ほてったり、のぼせたり、やたらと汗をかいたり・・・「この症状、更年期なのでは?」と感じたことがある人もいるでしょう...

2016/12/14 12:00掲載

20代でも!? 「若年性更年期」の症状を確認しておこう

20代でも!? 「若年性更年期」の症状を確認しておこう

執筆:座波 朝香(助産師) 監修:坂本 忍(産婦人科) 「若年性更年期」というコトバをご存知でしょうか? 更年期と聞くと、40代後半から50代前半の閉経前後だと考える人が多いでしょう。しかし最近では、...

2016/12/02 21:30掲載

イキイキと働き続けるために…「更年期」について知っておこう

イキイキと働き続けるために…「更年期」について知っておこう

執筆:Mocosuku編集部 監修:太田 郁子(医学博士) 女性なら誰しもが平等に訪れる「更年期」。 特に40代後半前半の閉経を迎える前はホルモンバランスが崩れやすい時期です。 仕事や子育てなど、しっ...

2016/10/20 21:30掲載

アイドルの追っかけで閉経した女性の生理が復活?

アイドルの追っかけで閉経した女性の生理が復活?

執筆:Mocosuku編集部 ジャニーズ、K-POPアイドル、EXILE… どのグループのファンも年齢層が上がっているという話を聞きます。 お茶の間のファンに限らず、コンサートやテレビ観覧など本人を間...

2016/10/16 12:00掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...