脱毛

Mocosuku(もこすく)
  • 脱毛

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

気になる脱毛について



思春期以降の男性に多く見られる「男性型脱毛症(AGA)」ですが、  AGAの治療法と検査 についてはご存じですか? 見た目が気になる男性にとっては軽視できない薄毛の問題です。実際問題、薄毛の男性は恋愛対象として見られないという女性もいれば、関係ないという女性もいます。また、薄毛でもモテている男性もいれば、頭髪以外の部分でモテない男性もいます。要するに、髪はたくさんある「モテ要素」のひとつでしかありません。とはいえ、いざ脱毛を感じ始めると、なかなか素直に受け入れられないのも事実。くよくよ悩むよりは、病院に行ったほうが精神衛生上いいという考え方もできます。

 AGAの治療法と検査  :AGAの主な原因のひとつは男性ホルモン



AGAには遺伝やホルモンバランスが関係しているといわれますが、遺伝に関してはまだわかっていない部分もあります。一方、ホルモンについては研究が進んでおり、「ジヒドロテストストロン」(DHT)という物質がリスクのひとつであることが判明しています。前述したDHTが頭皮に含まれる濃度が高くなり過ぎると、髪の成長が阻害され、毛が長く太くなる前に抜けてしまいます。こうして脱毛するサイクルが早まり、十分に育たない髪の毛が増えてくると、全体として薄毛が目立つようになるわけです。

 AGAの治療法と検査 :どうやって治療するのか?



DHTは、男性ホルモン「テストストロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変換されて生成されます。この5αリダクターゼが分泌される量が多いとDHTが多く生成され、髪の成長がどんどん阻害されるわけです。5αリダクターゼの分泌量については、遺伝的な要素と、環境・生活習慣的な要素があるといわれています。「自分の家系は薄毛が多い」という人は、5αリダクターゼが分泌されやすい体質が遺伝しているのかもしれません。現在、AGAの治療として「フィナステリド」という薬品(抗男性ホルモン)が処方されています。このフィナステリドは、5αリダクターゼの生成を抑制する効果があります。5αリダクターゼが生成されなくなると、頭皮のDHTの濃度が下がり、DHTが毛根に作用できなくなっていきます。これにより、毛根が休眠状態から回復して活動期に入り、正常なサイクルへと戻る──というのがAGA治療の基本的な流れです。

 AGAの治療法と検査 :薄毛が気になり始めたらAGAのリスクチェックを



現在では、DNA配列を解析することでDHTが生成されやすいかどうか、つまりAGAのリスクを調べることができます。AGAのリスク検査は皮膚科や内科、美容外科といったAGAの治療を行っている病院で行えます。一生に一度だけ検査すればいいので、試す価値はあるでしょう。実際に治療するかどうかは別問題ですから、検査後に検討しても問題ありません。

【脱毛】

抜けてしまう人多数… 妊娠中の髪のトラブル とは?

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平医師(東京医科歯科大学名誉教授) 妊娠中の髪のトラブル について考えてみましょう。 妊娠中の髪のトラブル:髪は栄養状態の影響が出やすいところ 髪の毛には栄養...

2015/10/17 16:54掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...