花粉症

Mocosuku(もこすく)
  • 花粉症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

『花粉症』シーズン到来!



妊娠中はいろいろな病気に敏感になると思いますが、 花粉症と妊娠 にも関係があるのでしょうか?関係があるとしたら、どんな関係なのでしょう?

花粉症と妊娠 :花粉症とは?



花粉症になると、春や秋に、鼻水・くしゃみ・目の痒みや目やになどの症状がみられます。これは空気中に飛んでいる花粉(春はスギ、秋はブタクサなど)による“アレルギー”が起こす症状です。通常は体にはいってきた異物を排除するための仕組み(=免疫)が、特定の異物(=アレルゲン、たとえば花粉)に対して過剰に反応することがアレルギーであり、カラダの色々なところに不調を来します。花粉というアレルゲンに対して、鼻や目の粘膜が不調を来しているのが花粉症なのです。

 花粉症と妊娠 には関係があるの?



花粉症患者数は年々増え続け、正確な数は分かっていませんが、ある調査によると国民の16%、およそ2,000万人を超えるのではと予測されています。女性ホルモンが免疫力に関係していると考えられており、妊娠中に症状が強く出る人もいます。

花粉症と妊娠 :花粉症はどこで診察してもらえるの?



受診する場合は、鼻の症状は耳鼻科、眼の症状は眼科が一般的ですが、アレルギー科などがある場合は総合的に診てくれることもあります。それぞれの症状に対するお薬(点鼻薬、内服薬、点眼薬など)による治療が中心ですが、アレルゲンに対する耐性をつける根本治療もあります。

【花粉症】

今しかない!来春の花粉症対策 「舌下免疫療法」

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医学博士、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今年の春のスギ花粉に悩まされた人も「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で平穏な日々を送っている...

2016/11/10 21:30掲載

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

2016/03/24 18:30掲載

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

2016/03/19 18:30掲載

花粉症にヨーグルト、効果があるってホントなの?

執筆:山本ともよ(管理栄養士) 早い人では2月末頃からはじまる辛い花粉症症状。少しでも楽にしたい!ですよね。花粉症にいいと言われるヨーグルト、本当に症状の変化が期待できるのでしょうか。 花粉症の原因 ...

2016/03/06 21:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

関連サイト

花粉症目薬

眼の充血やかゆみには、様々な原因が考えられます。その原因が、花粉症などによるアレルギー性のものであれば、抗アレルギーの目薬が必要となります。当サイトでは、花粉症の目薬について説明します。